ドラえもん (2005年のテレビアニメ)
▼人気記事ランキング
5.キャスティング
本シリーズの制作が発表された際、キャストが前シリーズから一新されることが明らかになった。

キャスト一新のきっかけは、第1期ドラえもんを演じていた大山のぶ代が2001年頃から自身の病気を理由に降板を申し出ていたことであるほか[55]しずか役の野村道子は『サザエさん』からも同時に降板しており、夫の内海賢二が当時経営していた賢プロダクションのマネージメント業に専念するための降板とされる[56]。また、他のキャストも大半が60代半ばを超えていたため、製作スタッフはキャストの総入れ替えを決めた[57]。この発表直後の2004年12月から2005年2月にかけて原作のキャラクターに最も合う声をコンセプトにオーディションを開催し合計で590人が応募、後述の5人が合格した。5人の平均年齢は当時27.2歳で、第1期の終了当時68.4歳から40歳以上も若返った。

2015年6月19日放送分の冒頭では、第1期ジャイアンを演じたたてかべ和也が前日に死去したことを受け、追悼コメントがテロップとして表示された[58][59]。その後、出木杉役の白川澄子スネ夫役の肝付兼太が死去した際もそれぞれ後日に番組内でたてかべと同様の追悼テロップが表示された[60][61]

[4]前ページ
(4.15.2019年)
[6]次ページ
(5.1.声の出演)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/08/22 10:00
ソ人気記事ランキング
2019/08/22 更新
 1位日本
 2位玄倉川水難事故
 3位山本美香
 4位8月21日
 5位名古屋小6受験殺人事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant