ドラえもん (2005年のテレビアニメ)
▼人気記事ランキング
4.主な歴史
4.11.2015年
1月9日:この回から「どこでもドアかくれんぼ」の映像(&データ放送画面)が、『のび太の宇宙英雄記』バージョンにリニューアルされる。この回の『クレヨンしんちゃん』との接続はステブレレスで、年頭初放送でステブレレス接続は初。
1月23日:当初は放送を予定していたが、『AFCアジアカップ2015』において、日本代表がグループDを制し、決勝トーナメント進出が決まった結果、「AFCアジアカップ2015 日本×UAE」(スタジアム・オーストラリア。枠は18:10 - 21:20)を急遽放送することになったため、『クレヨンしんちゃん』と共に1週間延期となった[38]。なお当日は21:00の『世界の村で発見!こんなところに日本人』(朝日放送〈当時〉制作)は本作・『クレヨンしんちゃん』・20:54の各局別ミニ番組(関東は『世界の街道をゆく』)と共に休止、そして20:00の『Mステ』は80分繰り下げ、21:54の『報道ステーション』は22:14開始に変更された。
3月6日:合体3時間SP『ドラえもん・クレヨンしんちゃん 春だ!映画だ!3時間アニメ祭り』を放送。19:00からは『クレヨンしんちゃん』の10分拡大だが、19:35からは、前年公開された『新・のび太の大魔境 〜ペコと5人の探検隊〜』を地上波初放送。
4月10日:合体3時間SP『ドラえもん・クレヨンしんちゃん 春だ!映画だ!3時間アニメ祭り』の第2弾を放送。今回は前回とは逆に、19:00からは『ドラえもん』の14分拡大放送、19:44からは『クレヨンしんちゃん』の劇場版『ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん』を地上波初放送、この年から『3時間アニメ祭り』は3月と4月の2回放送、3月は今まで通り劇場版『ドラえもん』、4月は劇場版『しんちゃん』を放送する事になる。また、この日から、データ放送「びっくりラッキーマンボ!」がスタートした。
5月15日:この日から7月10日放送分まで、期間限定のエピソード3本立て「ドラララ3」( - スリー)となる。テレビアニメリニューアル10周年を迎える。
6月19日:前日の18日に、2005年3月までジャイアンを演じたたてかべ和也が死去。この日の放送分では、冒頭に追悼テロップを添えて放送した(後述)。
7月24日:2015年初の1時間スペシャル「夏祭りだよ!ドラえもん 1時間スペシャル」を放送。サバンナ高橋茂雄がゲスト出演し、高橋自身が考案したひみつ道具を題材にしたエピソードが放送された。そのエピソード内で声の出演も果たしたほか、「びっくりラッキーマンボ!」では普段はドラえもんらが正答を発表しているものの、この回のみ高橋が発表した。
8月21日:この回のエンディングは、8月30日に同局の『日曜洋画劇場』で放送される『STAND BY ME ドラえもん』の宣伝を兼ねて、同作のハイライトシーンに同作主題歌「ひまわりの約束」を流した。また『クレヨンしんちゃん』へのクロスプログラムの放送後、再び『STAND BY ME』の宣伝を行った。続く8月28日のエンディングも『STAND BY ME』のハイライトシーンと「ひまわりの約束」で構成した。
9月4日:「ドラえもん誕生日スペシャル」を1時間枠で放送。作中で、DX列車セットから出てくる車掌兼運転士指導員のヒツジ役で9nine佐武宇綺がゲスト出演[39]。この回も直後の『Mステ』へのクロスプログラムは、ドラえもんは関わらず。
10月9日:番組ラストで、翌2016年公開の新作『新・のび太の日本誕生』のタイアップ企画「夢のペットコンテスト」を告知。この日の『クレヨンしんちゃん』への接続は、1月9日放送以来9ヶ月振りのステブレレス。また翌10月16日放送分も「コンテスト」告知を行い、『しんちゃん』との接続はステブレレス。
10月30日:『新・のび太の日本誕生』の応援ソング「ウンタカダンス」をエンディングでテレビ初披露。
11月27日:出木杉役の萩野志保子テレビ朝日アナウンサー)が育児休暇を終えて復帰。同月25日には、2005年3月まで出木杉を演じた白川澄子が死去。この日の放送分では、冒頭に追悼テロップを添えて放送した(後述)。
12月31日:「今年最後のドラ笑い!!大みそかだよ!ドラえもん1時間スペシャル」(16:30 - 17:30)を放送。ゴールデンタイムではないものの、3年ぶりに大晦日での放送となる。地上波での午後4時台の放送は、番組開始以降初。また大晦日特番がオールノンプライム枠も史上初。
[4]前ページ
(4.10.2014年)
[6]次ページ
(4.12.2016年)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/07/20 23:32
ソ人気記事ランキング
2019/07/21 更新
 1位日本
 2位京都アニメーション放火事件
 3位京都アニメーション
 4位宮迫博之
 5位しみけん (AV男優)
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant