ドラえもん (2005年のテレビアニメ)
▼人気記事ランキング
4.主な歴史
4.10.2014年
2月7日:2014年では初めて、『クレヨンしんちゃん』との接続がステブレレスになった。この日を含め、2月21日放送のソチオリンピック中継を挟む3回の放送は全てステブレレス。
2月14日:この日の放送で、名曲「月の光」とルナ役の華原朋美が特別ゲストに出演。
3月7日:『しんちゃん』との合体SP『ドラえもん・クレヨンしんちゃん 春だ!映画だ!3時間アニメ祭り』を放送。前35分は『クレヨンしんちゃん』の10分拡大版だが、その後は2013年公開作品『のび太のひみつ道具博物館』を地上波初放送。
3月14日:この日も『クレヨンしんちゃん』との接続はステブレレス。またこの日放送の『Mステ』にはKis-My-Ft2とドラえもんが出演し、映画主題歌「光のシグナル」を歌った。
4月11日:テレビアニメ35周年を記念し、データ放送「どこでもドアかくれんぼ」が始まる。
5月16日:エンディング曲が「夢をかなえてドラえもん合唱バージョン」に変更される。
6月6日:OP曲が「夢をかなえてドラえもん」に戻り、「STAND BY ME ドラえもん」の予告映像が公開される。
8月1日:『STAND BY ME ドラえもん』公開記念として、2014年初の単独3時間SP「ドラえもん夏祭り3時間SP」を放送。19:54まではアニメ1時間SPで、パーマンが前年9月13日の「誕生日SP」以来のゲスト出演(ただし台詞はない)、そして19:54からはクイズ『ドラえもん知識王No.1決定戦SP』を放送、同コーナーの司会は羽鳥慎一小池栄子、そしてドラえもん自身が担当。これに先立ち、7月26日の2:45〜4:00に大予選会が放送された。また、同日にテレビアニメ版OPが「STAND BY ME」の公開に合わせ「ひまわりの約束」に変更される。
8月8日:この日『STAND BY ME ドラえもん』が公開、これを記念して、同作監督の山崎貴八木竜一がゲスト出演した『徹子の部屋』にもドラえもんが3DCGで登場、『徹子の部屋』の出演は2000年2月11日以来で、リニューアル後では初。
8月29日:『クレヨンしんちゃん』との接続が、5ヶ月半ぶりのステブレレス。また9月12日放送分と9月19日放送分、10月17日放送分、11月21日放送分、11月28日放送分もステブレレス接続となる。
9月5日:単独では2014年初の1時間スペシャル「ドラえもん誕生日スペシャル」を放送。作中で、ラピス役の田村ゆかりがゲスト出演。この回もドラえもんは『Mステ』へのクロスプログラムを行わず。
10月17日 - 12月5日:テレビアニメ放送開始&映画35周年を記念し、「夢をかなえてドラえもん」をレギュラーメンバー5人で歌唱。映像は過去に公開された映画本編(第1期も含む)が流れた(全て映像が異なる)。ただし、提供バック部分のBGMは従来のmao版が使用されている。
11月7日:直後の『フィギュアスケートグランプリシリーズ 世界一決定戦2014 中国大会』へのクロスプログラムは、レポーター松岡修造の中国会場からの告知のみで、ドラえもん自身による告知と、浅田真央出演回の映像流用は初めて行わなかった。また、翌14日の直後『キリンチャレンジカップサッカー2014 日本×ホンジュラス』(豊田スタジアム)へのクロスプログラムは、川平慈英ナビゲーターによる告知のみで、ドラえもんは関わらなかった。
12月5日 - 2015年2月27日:本編の冒頭部分で画面右上に内容に関するテロップが表示されていた。
12月30日:前年と同日に1時間スペシャル「今年最後のドラ笑い!!年忘れだよ!ドラえもん1時間スペシャル」(17:30 - 18:30)を放送。番組ラストのコーナーにて、2015年3月7日公開予定の『のび太の宇宙英雄記』の主題歌をmiwaが担当すると発表、同コーナーでオリジナルキャラクター「ワーミー」の声当てをmiwaが声優に初挑戦として行った[41]。なお直後の『アメトーーク!』5時間SPへの接続は、前年同様ステブレ入りで、ドラえもんがクロスプログラムに関わらなかった。
[4]前ページ
(4.9.2013年)
[6]次ページ
(4.11.2015年)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/11/19 21:33
ソ人気記事ランキング
2019/11/19 更新
 1位日本
 2位沢尻エリカ
 3位元千葉ロッテマリーンズ投手強盗殺人事件
 4位伊藤綾子
 5位メチレンジオキシメタンフェタミン
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant