トゥグルク朝
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
トゥグルク朝(トゥグルクちょう、Tughluq dynasty)またはトゥグルク・シャーヒー朝ペルシア語: ???? ??????‎ 転写: Tu?laq ?ahian英語: Tughluq Shahian)は、デリー・スルターン朝の3番目の王朝であるトルコ系のイスラーム王朝(1320年 - 1413年または1414年)。首都はデリー(一時的にダウラターバード)。北インドデカン南インドを支配した。トゥグルグ朝はインドにおけるイスラーム王朝の統治を固めるために様々な政策を実施した(官僚機構の整備、経済政策、司法行政、遷都など)。
目次
1.歴史
├1.1.成立
├1.2.デリーの発展とデリー・スルターン朝の最大領土
├1.3.ダウラターバード遷都と諸改革
├1.4.各地の反乱
├1.5.フィールーズ・シャー・トゥグルクのもとの繁栄
└1.6.滅亡
2.インド統治政策
3.歴代君主
4.系図
5.脚注
6.関連文献
7.関連項目
出典:Wikipedia
2019/10/30 22:30
ソ人気記事ランキング
2019/12/15 更新
 1位日本
 2位梅宮辰夫
 3位松本ちえこ
 4位無名塾出身の俳優一覧
 5位12月14日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant