トイレタリー
▼人気記事ランキング
2.トイレタリーに含まれる商品群
一般にトイレタリー用品には

ボディケア(石鹸ボディソープハンドソープなど)
スキンケアリップクリームハンドクリーム日焼け止めクリーム・制汗剤など)
シェービング(剃刀むだ毛処理剃刀シェービングフォームなど)
ヘアケア(シャンプーコンディショナー・ヘアスプレー・育毛剤など)
ヘアカラー
フェイスケア(洗顔フォーム・メイク落とし・クレンジングオイル・あぶらとり紙など)
入浴剤
などが含まれ、基本的に身嗜みのため、身体を手入れするためのものである。ハンドクリーム、リップクリーム、日焼け止めなどは医薬品や医薬部外品として含む場合もある。女性化粧品も広義ではトイレタリーに含むが、一つのジャンルとして独立している場合が多い。だが、男性化粧品はトイレタリーに含めることが多く、その際は独自のカテゴリを設ける場合もある。

また女性用の生理用品も広告戦略や販売方法など商品の性質が類似していることからトイレタリーに含めることもある。消臭剤芳香剤も嗜好目的の商品であり、イメージと実用性が重視されるため、トイレタリーに数えられることが多く、これらは文献によって区々である。

一方、イメージより用途、目的が重視され日用性が高いオーラルケア用品はトイレタリーより、日用品のカテゴリーで括られる。

[4]前ページ
(1.トイレタリーの定義)
[6]次ページ
(3.トイレタリーのイメージ戦略)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/05/14 18:30
ソ人気記事ランキング
2019/09/20 更新
 1位日本
 2位渡る世間は鬼ばかりの登場人物
 3位熊谷連続殺人事件
 4位9月19日
 5位逆鉾昭廣
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant