サービス終了のお知らせ
トヨタ・ランドクルーザープラド
▼人気記事ランキング
概要
ランドクルーザー プラドLAND CRUISER PRADO )は、トヨタ自動車が製造する大型SUVである。ランドクルーザーシリーズのうち、ライトデューティ用途として位置付けられた自動車

概要[編集]

ランドクルーザー 70系の派生車種として登場。日本国内では「プラド」と略称で呼ばれることが多い。

ランドクルーザー70系の足まわりを軽量化し、ハイラックスサーフブリザードと共通のパワートレインを載せ、乗用車化したモデルであった。当初は仕向け地によって「ランドクルーザーワゴン」、「ランドクルーザーII」、「バンデラ」の呼び名を使い分けていた。本流であるヘビーデューティーな70バン系との区別のため、トヨタでは、バンを「70ヘビー系」、ワゴンを「70ライト系」と呼ぶ(70プラド登場以降の新型車解説書にも明記)。

日本のクロスカントリー車として初めて4輪コイルリジッドサスペンションを採用するなどの先進的な一面も持つが、同社のダイナコースター[注 1]と共通のエンジンを持つ貨物登録である70ヘビー系とくらべると、高価な割りに非力さばかりが目立つ結果となり、ヘビー系とほとんど変わらない無骨な外観であることや、2ドア・ショートモデルのみであったことなどが災いし、日本国内での販売台数は伸びなかった。

一方、日本国外向けにはガソリンエンジンターボなしのディーゼルエンジンに簡素な内装や装備を組み合わせたグレードも多く存在し、パジェロビッグホーンいすゞ自動車)に伍して、廉価で軽量なランクルとして支持を得た。

日本国内での局面が変わったのは1990年4月のマイナーチェンジ以降で、セミロングホイールベースの4ドアモデルの投入に加え、大幅なフェイスリフトや電子制御式燃料噴射ポンプによるエンジンでパワーアップを図り、さらに「プラド」のサブネームを掲げたことで、一気に人気モデルの仲間入りを果たした。

2代目(90系)では、さらにフレームサスペンションにいたるまでハイラックス / タコマグループとの共有化が進んだ。脱業務用途的なスタイリングをはじめ、ランドクルーザーシリーズのなかでは欧州向けSUVの性格が強まり、当時、大人気を誇っていた2代目パジェロのシェアを奪うほどの大成功を収めた。

ショートホイールベースの3ドアと、ロングホイールベースの5ドアがあるが、ショートホイールベースはハイラックスサーフには存在しない。ソフトトップ(モデル)は2代目から廃止された。

3代目(120系)では、オフロードの走破性だけではなく、オンロードでの走行安定性や静粛性も重視され、欧州ではサブネームである「プラド」を称せず「ランドクルーザー」として販売されていた。

4代目(150系)では、KDSSやマルチテレインセレクトなどの電子デバイスを最上位グレードだけに搭載し、ライトデューティなランクルの悪路走破性をイメージするものとなった。しかしシートは総革製でハンドルも革と木目調。泥など過酷な条件により適合する布地シート付きのグレードにはこれら悪路走破性を高める機能は選べない。また電動式天窓のオプションがあるなど、ちぐはぐな面も見せる。2015年のマイナーチェンジから新型ディーゼルターボエンジンを搭載。V6NAエンジンは廃盤となった。

悪路走破性と信頼性の高さから、120系に引き続き、欧州ではサブネームである「プラド」を称せず「ランドクルーザー」として販売されている。2012年ダカール・ラリーの市販者部門常勝軍団であるトヨタ車体・チームランドクルーザーの7連覇を阻止し、2013年も連覇したのはスペイントヨタの運用するプラドであったことからも、その走破性の高さは伺える[1]

駆動系は、全車2速(副変速機付き)のトランスファーと、3代目以降はボッシュ(旧ゼクセル・現ジェイテクト)のトルセンギアを用いた、センターデフフルタイム4WDを採用しており、ドライブトレインを共有するハイラックスサーフやFJクルーザーに見られる2WDモデルはない。

ランドクルーザーワゴン(1984年 - 1990年)[編集]

1984年(昭和59年)11月、ランドクルーザー70系のライトデューティー版として発表される。この時点の日本国内では40系のフルモデルチェンジとなる70(ナナマル)ヘビー系のみが発売され、70ライト系は未発売であった。
長大な直列6気筒エンジンを搭載する70ヘビー系とは異なり、乗用車・ライトトラック系の直列4気筒専用のボディーとなることから、ボンネットは短くされ、同時に幅を広げられ、作業車臭を薄めるフェンダーとの段差が目立たないデザインとされた。ヘビー系と並ぶとその違いは一目瞭然であるが、単体ではランドクルーザー70系のイメージそのものである。エンジンが小さいことから、結果的にフロントミッドシップとなっている。
仕向け地別に「ランドクルーザー」、「ランドクルーザー II 」、「バンデラ」の車名を使い分けている。
70ヘビー系のフレームを軽量化したものに、ハイラックスサーフと共通のパワートレインと、日本のクロスカントリー車では初となる、前、後ともコイルスプリングと3リンクリジッドアクスルの組み合わせによるサスペンションを装備する。
エンジンは、ガソリンエンジンは2.4 Lの22R型、ディーゼルエンジンは2.4 Lの2L型と2L-T型で、乗用車系の直列4気筒のみ(日本国内は2L-T型のみ)。
トランスミッションも、ガソリンエンジン車はG52型、ディーゼルエンジン車はR150F、151F型と、ハイラックスグループと共通である(日本国内はR150F型のみ)。
オーバーフェンダー、ワイドタイヤ、ハーダースプリングを装備し、派手なグラフィックのデカールで飾り立てた、シティーオフローダーの「バンデラ」を設定(ソフト&ハードトップ・日本国内は設定なし)。 1985年10月、ランドクルーザー60系(1ナンバー)と70ヘビー系ディーゼル車(4ナンバー)のターボ化に合わせ、初の5ナンバー(乗用登録)となる「ランドクルーザーワゴン」として日本国内導入開始。日本国内はショートホイールベースのメタルトップに2.4 Lディーゼルターボの組み合わせのみで、ミドルホイールベース、ソフトトップ、ガソリンエンジン、NAディーゼルエンジンの設定はない。


初代 J7*G/W型(1990年 - 1996年)[編集]

フロントグリル、フロントフェンダーエンジンフードを新デザインのものに変更、ヘッドランプも丸型2灯から規格型の角型2灯に変わり、より乗用車テイストへと大きく印象を変える。

1989年10月、東京モーターショーで80系ランドクルーザーと共に、4ドアセミロングの70ライト系ワゴンが初披露される。
1990年4月、発表・発売。同時に「プラド」のサブネームがつけられるが、仕向け地によっては、ランドクルーザー、ランドクルーザーII も引き続き使用される。
エンジン出力の向上に伴い、2ドアミドルのソフトトップとFRPトップ、4ドアモデルが新設される。それぞれ、バルクヘッド以後のボディーはヘビー系との共用。
日本国内には、2ドアショートのメタルトップ5人乗りと4ドアセミロングの8人乗りが設定される。
駆動系では、リアデフに電動デフロックが設定された。
ボディカラーは「ホワイト」「ブルーイッシュシルバーメタリック」「ダークブルーイッシュグレーメタリック」「レッドマイカ」「ライトベージュメタリック」「フィールドランナートーニング」と呼ばれるシルバーとダークブルーイッシュグレーのツートンカラー、「グランドカントリートーニング」と呼ばれるブラウンとライトベージュのツートンカラー、「アクティブウェイトーニング」と呼ばれるレッドマイカとシルバーのツートンカラーを登場時設定。 1991年8月、ワイドフェンダー仕様の3ナンバー車が追加される(海外向けにはモデル当初の1984年から設定あり)。
1993年5月、マイナーチェンジ。ガソリンエンジンは22R-E型から3RZ-FE型に変更、ディーゼルエンジンはアルミヘッドを持つ、3.0Lターボの1KZ-TE型が追加される。日本国内はこの1KZ-TE型のみとなり、同時にダッシュボードの意匠変更を行い、丸みを帯びたフェイシアで鉄板の露出部を極力隠すことでトラック臭を払拭した。外観では、フロントバンパーとサイドターンシグナルランプの形状が変更されている。ボディカラーは「レッド」「ダークグリーンマイカ」「グリーンフィールドトーニング」と呼ばれるダークグリーンとシルバーのツートンカラー、「アクティブフィールドトーニング」と呼ばれるレッドマイカとブラックのツートンカラーが新設定された。なお、この2色のツートンカラーは既存の「フィールドランナートーニング」とは塗り分けが異なる。なお、ライトベージュメタリック、グランドカントリートーニング、アクティブウェイトーニングは廃止された。
1996年4月[2]、生産終了。在庫対応分のみの販売となる。
1996年5月、2代目と入れ替わる形で販売終了。


生産終了から約25年が経過し、旧車に分類されるようになったが、人気は高く中古車市場において高値で取引されている。



2代目 J90/95W型(1996年 - 2002年)[編集]

1996年5月登場。この世代からエンジン、ドライブトレインのみならず、フレームとサスペンションタコマ / ハイラックスサーフと共用になる。エクステリアデザインは、当時人気を博していた2代目三菱・パジェロに瓜二つの代物となり、批判を受けた。
サスペンションとスプリングの形式は前がダブルウイッシュボーン+コイルスプリングの独立懸架、後ろは5リンクのリジッドアクスル+コイルスプリングである。
3ドア車のみ、日本国外向け同様の縦基調ラジエターグリルと丸型ヘッドランプを採用した。 1997年4月、日本国内向けに3RZ-FE型 直列4気筒 2.7Lガソリンエンジンが追加。最量販グレードを中心に拡大採用される。
1998年1月、一部改良。全車にUVカットウインドーガラスと3列目シートのヘッドレストを標準装備。バニティミラーやプライバシーガラスなどを採用しインテリアにおいてさらに充実。ボディカラーに新色を追加。
1999年6月、マイナーチェンジ。3.0リッター直4のディーゼルターボエンジンを改良してパワーアップ。エクステリアではフロントグリルとフロントバンパーのデザインを変更、法改正に伴いバンパー内にフォグランプが装備される。横基調のデザインを強調して安定感をアピール。インテリアではメーターパネルに高級感のあるオプティトロンメーターを採用。機能面では安全走行をサポートする4輪TRC(トラクションコントロール)、VSC(ビークルスタビリティコントロール)を導入した。また、3ドア車は横基調ラジエターグリル+異型ヘッドランプに変更。
2000年7月、一部改良に伴い、ディーゼルエンジンを3.0L DOHC 直噴 電子制御コモンレール式の1KD-FTV型へ変更。車両盗難等を予防するイモビライザーも新採用。
2002年9月[3]、生産終了。在庫対応分のみの販売となる。
2002年10月、3代目と入れ替わって販売終了。


3代目 J12*W型(2002年 - 2009年)[編集]

欧州をメインマーケットとするため、トヨタヨーロッパのデザイン拠点である、ED2(イーディースクウェア)のデザイン案が採用された。

欧州諸国の多くでは「ランドクルーザー」の車名で販売され、併売となる100系は「ランドクルーザー100」、「ランドクルーザー・アマゾン」、200系は「ランドクルーザーV8」などのサブネーム付きの名称となる。

北米向け(アメリカ、カナダ)には、120系の4ドアモデルにV8 4.7Lの2UZ-FEエンジンを搭載したモデルが、レクサス GX470として導入されている。

2002年10月、登場。ホイールベースはショートとロングの二種、それぞれが3ドアと5ドアのボディーを纏う。日本国内の月間目標台数は2500台。国内のラインナップからMT車が廃止される(海外向けには5MT/6MTの設定がある)。
ディーゼルエンジンは4気筒3,000ccのコモンレール式直噴ターボの1KD-FTV型の他、海外向けに従来からの1KZ-TE型5L-E型も設定される。国内のディーゼル車は「自動車NOx・PM法」に適合していないため、規制地域内ではそのままだと登録できない。[注 2]
駆動方式は、全車2速のトランスファーと、ボッシュ(旧ゼクセル・現ジェイテクト)のトルセンギアを用いた、センターデフフルタイム4WDを採用し、全車にセンターデフロック、オプションでリアデフロックが設定される。
高級SUVの盗難が相次ぐ中、プラドにもイモビライザーが採用された。 2004年8月 - 一部改良。2.7Lガソリンエンジンを3RZ-FEから、新開発の2TR-FEに変更。
2005年7月 - 一部改良。ディーゼルエンジン車TZの廃止、V6ガソリンエンジンを3.4Lの5VZ-FEから4.0Lの1GR-FEへ変更。5速ATが同時に設定された。
2006年8月 - ナビゲーションシステムの変更。
2007年7月 - 日本国内でのディーゼルエンジン車を廃止、シートベルトリマインダーが装着された。
2008年8月 - 一部改良。フロントバンパープロテクターのオプション設定を廃止、バックドア付きスペアタイヤ ホイールカバーを新設定する。
2009年8月[4] - 生産終了。在庫対応分のみの販売となる。
2009年9月 - 4代目と入れ替わる形で販売終了。
海外向けには、プラドに限らず全クラスのランクルで伝統的にSTD(スタンダード)をはじめとするロワーグレードの設定が多く、120系では、国内モデルには存在しない旧世代の1KZ-TE(3.0Lディーゼル、96kW/135ps)および、5L-E(3.0Lディーゼル、70kW/95ps)エンジン搭載車、エアバッグ表記のレス仕様(主に中東地区向。エアバッグ機能あり)、ABSなし(LSPVは装備)、サイドステップなし、オーバーフェンダーなしのナローボディー、ビニール内装、フロントベンチシート、荷室向かい合わせシート(ショート7人 / ロング10人乗り)などのバリエーションがある。



4代目 J15*W型(2009年 - )[編集]

2009年9月におよそ7年ぶりにモデルチェンジを果たし、4代目となった。この代から日本国内向けは3ドアショート車が廃止され(欧州中心に海外向けは継続)、同年8月に廃止されたハイラックスサーフの受け皿をも兼ねることとなる。プラットフォームエンジンは先代を踏襲しつつ発展させ(キャリーオーバー)、「いつでもどこへでも行ける安心感と快適性」を備えたクルマとなったとメーカーは発表している。

新たに、直前側方死角もカバーするマルチテレインモニターやワイドビューフロント&サイドモニターを装備したことで、先代以来装備されていた助手席側フロントフェンダーのサイドアンダーミラーを無くした最上位グレードを用意したが、これは最上位グレード一種に限られ、残りの全グレードは依然としてサイドアンダーミラーを保安基準上の死角補助のために必要とする。

内装ではセカンドシートに足元スペースを広めるスライド機構と、3列目への乗降性を高めるウォークイン機構を助手席側に備えたほか、サードシートはスイッチ一つで格納・復帰できる電動フロア格納機構を採用するとともに足元を50 mm低床化して着座姿勢を改善した。

また、直4 2.7 L車は「平成22年度燃費基準+10%」を、V6 4.0 Lは「平成22年度燃費基準+5%」をそれぞれ達成し、燃費性能を向上したほか、VSC・TRC、7個のSRSエアバッグ、運転席・助手席のアクティブヘッドレスト、ミリ波レーダー方式のプリクラッシュセーフティシステムを新たに設定し、安全性能も向上した。

4.0 Lの1GR-FE型は今回のモデルではレギュラーガソリン仕様となり、出力は276 ps(203 kW)/5,600 rpm、38.8 kg・m(380 N・m)/4,400 rpm、10/15モード燃費も8.2 km/Lと、それぞれ先代モデルのハイオク仕様を上回った。

プラットフォームを共有していた日本仕様のハイラックスサーフの生産終了に伴い、国内仕様のみ生産拠点が田原工場から(ハイラックスサーフの廃止で生産設備の空いた)日野自動車羽村工場に移転した[注 3]

年表[編集]

フルモデルチェンジ[5]
2012年10月
JC08燃費測定に対応
2013年9月10日
マイナーチェンジ[6]
大型フロントグリルを採用するとともに、フロントバンパー・リアコンビネーションランプ・リアガーニッシュ・ヘッドランプのデザインを変更し、「TZ」・「TZ-G」にはロービーム及びクリアランスランプにLEDを採用した(「TX」・「TX"Lパッケージ"」にもオプションで設定可能)。
内装ではファブリックシートの表皮材質と内装色(トリムコード)が変更されたほか、フロントドアに撥水機能付スーパーUVカットガラスを採用。大型カラーTFT液晶のマルチインフォメーションディスプレイも装備し、(車体)傾斜角モニターやトラクションアシストデバイス、デフロックの作動状況などを標示し、オフロード走行時に運転者を支援する。
走行性能では、サスペンションのチューニング変更が施されたことでオンロードでの走行安定性や乗り心地を高め、走行環境に応じてトラクションやブレーキ制御を切り替えるマルチテレインセレクトの走行モードが4つから5つに増え、オフロードでの走破性も高めた。
その他、ボディカラーは新色4色を含む10色を設定し、「TX"Lパッケージ"」には5人乗り(サードシートレス)仕様が追加された。
2014年8月25日
特別仕様車「TX“Argento Cross”」を発売[7]
「TX」をベースに、シート表皮やルーフレールをシルバー×ブラックの配色に変更し、ホイールに専用ダークグレーメタリック塗装を施し、インパネに幾何学調の加飾を施してスタイリッシュなデザインとしたほか、特別感を演出するため、スマートキーのデザインを変更し、キーボックスや車検証入れを本革仕様とした。
2015年6月17日
一部改良[8]
従来設定されていたV6 4.0 L車が日本国内向けで廃止される一方、2007年7月の廃止以来約6年11ヶ月ぶりに国内向けディーゼル車が復活した[9]。これに伴い、4.0 L車専用グレードの「TZ-G」はディーゼル車専用グレードに移行し、同じく4.0 L車専用グレードの「TZ」は廃止された。また、直4 2.7 Lガソリン車もATを6速に多段化し、エンジンの改良も合わせて燃費を向上した。
LEDヘッドランプを「TX」を除くディーゼル車全車に標準装備したほか、ボディカラーでは「ダークブルーマイカ」を廃止し「レッドマイカメタリック」を追加した。
ディーゼル車は日本国内では初採用となる1GD-FTV型 直4 2.8 Lエンジンを搭載。次世代高断熱ディーゼル燃焼や、コンパクトかつ高効率なターボチャージャーの併用により、1,600 rpmの低回転から450 N?m(45.9 kg?m)の高トルクを発揮するとともに、JC08モード燃費で11.8 km/Lと低燃費・低排出ガス性能も両立した。加えてトヨタでは初となる尿素SCRシステムを採用、窒素酸化物(NOx)を大幅に低減し、欧州のEURO 6、および日本の平成22年排出ガス規制に対応した。
2016年8月29日
トヨタ店創立70周年記念特別仕様車「TX"Lパッケージ・G-FRONTIER"」を発売[10]
ガソリン車「TX」及びディーゼル車「TX"Lパッケージ"」をベースに、265/60R18タイヤ+18インチアルミホイール(スーパークロームメタリック塗装)、シルバーとブラックの専用ツートーンルーフレールを装備したほか、ロシア中近東向け仕様に採用されている本革シート表皮(ステッチ付・レッドウッド)も特別装備し、ガソリン車「TX」には「Lパッケージ」の装備も特別装備した。ボディカラーは特別設定色の「ヴィンテージブラウンパールクリスタルシャイン」を含む6色を設定した。同時にボディカラーから「ダークグリーンマイカ」を廃止した。
2017年9月12日
マイナーチェンジ[11]
外観はフロントにおいてフード中央部の形状が変更されたほか、ヘッドランプは全車LED化。切削光輝+ダークグレーメタリック塗装の19インチアルミホイールが新たに設定され、「TZ-G」に標準装備、「TX"Lパッケージ"」にオプション設定した。リアにおいてはコンビネーションランプの形状とガーニッシュの意匠が変更された。内装はレジスターリング(エアコン吹き出し口)上部を下げ、ナビゲーションをタブレット型の薄い形状に変更。センタークラスターやメーターパネルに金属調加飾が施され、ステアリングホイールは設計の変更と専用加飾の追加を行った。装備面では、衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」やドライブスタートコントロールを全車に標準装備するとともに、ブラインドスポットモニターを「TZ-G」と「TX"Lパッケージ"」にオプション設定された。さらに「TZ-G」はランドクルーザーシリーズで初採用となるジェイテクト製のトルセンLSDやドライブモードセレクトが標準装備された。ボディカラーにおいては既に他のトヨタ車にも設定されている「ブラッキッシュアゲハガラスフレーク(メーカーオプション)」や「アバンギャルドブロンズメタリック」の2色を追加。ディーゼル車のグレード体系が拡大され、「TX」に7人乗り仕様、「TX"Lパッケージ"」に5人乗り仕様がそれぞれ追加された。
2018年6月
衝突回避支援パッケージの名称を「Toyota Safety Sense P」から、「Toyota Safety Sense」に変更[12]。(公式発表なし)

販売店[編集]

トヨタ店にて販売。なお、ブリザードの後継車種として、2004年4月までビスタ店でも取り扱われていたが、ネッツ店との併合に伴い販売を中止した。

大阪府は、旧・大阪トヨタで販売していたが、名称変更により現在は大阪トヨペットで取り扱っている。
東京都は、以前は東京トヨタで取り扱っていたが、2019年4月1日に販売チャネル制度を廃止したのに伴い、東京都内の全販売店(トヨタモビリティ東京カローラ店系列のトヨタ西東京カローラ、ネッツ店系列のネッツトヨタ東都とネッツトヨタ多摩)で取り扱う。

脚注[編集]

注釈[編集]

出典:Wikipedia
2020/03/10 14:00
ソ人気記事ランキング
2020/03/30 更新
 1位まわり将棋
 2位今村昌平
 3位3月29日
 4位成宮いろは
 5位ジャーマンウイングス9525便墜落事故
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant