サービス終了のお知らせ
トム・デイビー
▼人気記事ランキング
1.経歴
1.6.オリックス時代
2006年オリックス・バファローズに移籍。球速の限界が心配されていたものの、長身を活かした変化球を上手く操り、奪三振へのこだわりを捨てた打たせて取るピッチングでチームのローテーションの一角として活躍し、2桁勝利を達成。

2007年はやや成績を落とすも、年間を通してローテーションを守り、チーム最多の8勝を挙げた。

2008年はオープン戦で右肩腱鞘炎を発症したため登板機会がなく、8月4日にウェイバー公示された。

[4]前ページ
(1.5.広島時代)
[6]次ページ
(1.7.独立リーグ時代)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/01/08 02:30
ソ人気記事ランキング
2020/02/24 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位AV女優
 4位住吉会
 5位メイプルソープ事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant