デビスカップカナダ代表
▼人気記事ランキング
概要
デビスカップカナダ代表(Canada Davis Cup team)は、カナダテニス協会(テニス・カナダ)によって組織された男子テニス国別対抗戦デビスカップのチームである。1913年大会に初出場し、その時にアメリカ代表プレーオフ決勝(当時はプレーオフ優勝国が前回優勝国にチャレンジできるシステムだった)で敗れたのが最高成績。オープン化以降で言えば、2013年ミロシュ・ラオニッチの活躍もあって、準決勝に進んだのが近年における最高成績と言える。

選手[編集]

デビスカップ2017のメンバー

ピーター・ポランスキー
バセク・ポスピシル
デニス・シャポバロフ
ダニエル・ネスター

年度別成績[編集]

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

外部リンク[編集]

デビスカップカナダ代表 on DavisCup.com
出典:Wikipedia
2019/08/24 20:02
ソ人気記事ランキング
2019/09/22 更新
 1位日本
 2位逆鉾昭廣
 3位9月21日
 4位清須会議 (小説)
 5位プレーオフ
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant