サービス終了のお知らせ
デジタル・ヒューマニティーズ
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
デジタル・ヒューマニティーズ(digital humanities)は、コンピューティング人文科学(humanities)諸分野と間の接点に関して調査、研究、教育、および考案を行なう学問分野である。ヒューマニティーズ・コンピューティング(humanities computing)としても知られる。デジタル・ヒューマニティーズは、本質的に方法論的であり、対象範囲は諸分野に及ぶ。その内容としては、電子形式の情報の調査、分析、総合、およびプレゼンテーションが含まれる。そして、こうしたメディアがその利用される分野に与える影響と、我々のコンピューティングの知識にもたらす貢献について研究を行なう。通常、大学のデジタル・ヒューマニティーズの学部・学科は、技術の実践者と、デジタルメディアの経験および専門知識を備えた従来型の研究者を擁している。こうした学部・学科は、他の学部・学科の研究者との共同による研究プロジェクトに深く関わっている場合が多い。
デジタル・ヒューマニティーズの学際的な立場は、文学研究における比較文学の立場に似ている。デジタル・ヒューマニティーズには、従来の芸術および人文科学のすべての分野(多様な文化の歴史、哲学、言語学、文学、芸術、考古学、音楽など)の研究と教育の専門家、および電子出版とコンピューター分析、プロジェクトデザインとビジュアライゼーション、データの記録保存と検索などの専門家が関わっている。
目次
1.目的
2.ドキュメント
3.標準
4.関連項目
5.デジタル・ヒューマニティーズ関連の定期刊行物
6.引用文献
7.参考文献
出典:Wikipedia
2018/07/24 10:31
ソ人気記事ランキング
2020/02/26 更新
 1位日本
 2位住吉会
 3位羽生ありさ
 4位水野朝陽
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant