デカン高原
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
デカン高原(デカンこうげん、英語:Deccan Plateau)は、インド半島の大部分を構成し西ガーツ山脈から東ガーツ山脈にいたる台地インド共和国マハーラーシュトラ州カルナータカ州アーンドラ・プラデーシュ州テランガーナ州にまたがる。
デカン高原は大きな三角形をしており、北辺はヴィンディヤ山脈、東西端はそれぞれ東ガーツ山脈・西ガーツ山脈である。総面積は190万平方キロメートル、ほぼ平坦で標高は300-600メートルである[1]
「デカン」の名称はサンスクリット語で「南」を意味する dakshina に由来する。
目次
1.概要
2.歴史
3.地理
4.地質
5.脚注
6.関連項目
出典:Wikipedia
2019/06/30 12:30
ソ人気記事ランキング
2019/09/19 更新
 1位日本
 2位熊谷連続殺人事件
 3位渡る世間は鬼ばかりの登場人物
 4位9月18日
 5位凪沢怜奈
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant