サービス終了のお知らせ
デカルコマニー
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
デカルコマニー: D?calcomanie)は、と紙の間などに絵具を挟み、再び開いて偶発的な模様を得る技法で、「: d?calquer」(転写する)[1]に由来する[2]。元は陶器ガラスの絵付け技法であったが、オスカー・ドミンゲス絵画に導入した[2]シュルレアリスムの画家たちの間では、フロッタージュなどとともにオートマティスムの一つの手法として広まり、特にマックス・エルンストによる作品が著名である[2]
目次
1.工程
2.特徴
3.脚注
4.参考文献
5.関連項目
出典:Wikipedia
2020/02/18 17:30
ソ人気記事ランキング
2020/02/23 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位メイプルソープ事件
 4位第二次世界大戦
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant