サービス終了のお知らせ
ディズニー・パークス・エクスペリエンス・プロダクツ
▼人気記事ランキング
概要
ディズニー・パークス・エクスペリエンス・プロダクツDisney Parks, Experiences and Products)は、ウォルト・ディズニー・カンパニーにある4つの主要な事業部門の1つである。同社のディズニーパークおよびリゾート事業の企画、開発、マネジメントレジャー事業を行う関連子会社の統括を担当する。

他の3つの主要な事業部門は「ウォルト・ディズニー・ダイレクト・トゥ・コンシューマー&インターナショナル」(Walt Disney Direct-to-Consumer & International)、「ディズニー・メディア・ネットワーク」(Disney Media Networks)、「ウォルト・ディズニー・スタジオ」(Walt Disney Studios)である。

沿革[編集]

ディズニー・パークス・エクスペリエンス・プロダクツ事業部門は、1971年フロリダのウォルト・ディズニー・ワールドマジック・キングダムがオープンした際にウォルト・ディズニー・アトラクションズ事業部[1]として発足した。

2018年3月にはウォルト・ディズニー・パークス・アンド・リゾーツがディズニー・コンシュマー・プロダクツと統合[2]し、ディズニー・パークス・エクスペリエンス・コンシューマー・プロダクツ[3]へ改称。その後、2019年1月にディズニー・パークス・エクスペリエンス・プロダクツへと改称[2]した。

歴史[編集]

1952年 - ウォルト・ディズニー・イマジニアリングとして設立。
1955年7月17日 - カリフォルニア州アナハイムディズニーランドが開園された。
1957年4月30日 - 日本三越日本橋本店の屋上に楽しいこどもの国 ディズニーランド[4]がウォルト・ディズニー・カンパニーと正式に契約が結ばれ、期間限定でオープン。
1971年10月1日 - ロイ・O・ディズニーによるマジック・キングダムとその全体のウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートが正式にオープンとなる。
1976年6月20日 - ディズニーウォーターパーク(ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート)であるディズニー・リバー・カントリーがオープン。
1982年10月1日 - ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート内に2番目となるエプコット・センターのオープン。
1983年4月15日 - オリエンタルランドによりアメリカ外初の日本の千葉県浦安市舞浜に東京ディズニーランドがオープン。
1989年5月1日 - ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートの3番目のテーマパークであるディズニー・ハリウッド・スタジオがオープンする。
6月1日 - ディズニーウォーターパークであるディズニー・タイフーン・ラグーンがオープン。
1992年4月12日 - フランスマルヌ=ラ=ヴァレディズニーランド・パークとリゾート全体でユーロ・ディズニーリゾートいう名前でオープンする。
1995年 - ユーロー・ディズニーリゾートがディズニーランド・パリに名称変更する。
4月1日 - ディズニーウォーターパークである、ディズニー・ブリザード・ビーチが、オープン。
11月28日 - ウォルト・ディズニー・ワールド・スピードウェイがオープン。
1998年4月22日 - ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートに4つ目のテーマパークであるディズニー・アニマル・キングダムがオープン。
7月30日 - ディズニー・マジックが出航。
1999年8月 - ディズニー・ワンダーが出航。
2001年2月8日 - テーマパークからテーマリゾートへとなりディズニーランド・リゾートと公式から呼ばれるようになる。ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャーダウンタウン・ディズニーがオープン。
2001年 - 2001年より東京ディズニーリゾートと公式で呼ばれるようになる。
7月27日 - 舞浜リゾートラインによるディズニーリゾートラインが運行開始。
9月4日 - 東京ディズニーシーがオープン。
11月2日 - ディズニー・リバー・カントリーを閉鎖。
2002年3月16日 - ディズニーランド・パリにウォルト・ディズニー・スタジオ・パークがオープン。
2005年5月 - アドベンチャーズ・バイ・ディズニーがサービス開始。
9月12日 - 香港ディズニーランド・リゾートとテーマパークの香港ディズニーランドがオープン[5]
2011年1月26日 - ディズニー・ドリームが出航。
8月29日 - アウラニ・ディズニー・リゾート&スパ・コオリナ・ハワイがオープン。
2012年 - ディズニー・ファンタジーが出航。
2015年8月9日 - ウォルト・ディズニー・ワールド・スピードウェイが閉鎖。
2016年6月16日 - 上海ディズニーリゾートと世界最大の面積のテーマパーク、上海ディズニーランドが開業[6]
2017年9月30日 - ディズニーランド・パリは、ウォルト・ディズニー・カンパニーが正式に100%所有するようになった。

事業[編集]

テーマリゾート[編集]

アメリカ国内(カリフォルニア州フロリダ州)の2つのディズニーパークおよびフランスパリにあるパークはウォルト・ディズニー・カンパニー本社が直接所有し、香港上海のパークは、ディズニー本社と現地政府などの合弁会社が所有する形式を取っている。いずれのパークもディズニー本社の4大事業部門の1つであるディズニー・パークス・エクスペリエンス・プロダクツが所管している。東京のパークのみライセンス契約である。

Locations of Disney resorts

ディズニーランド・リゾート[編集]


ディズニーランド
ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー
ダウンタウン・ディズニー(商業施設)
3つのホテル

ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート[編集]


マジック・キングダム
エプコット
ディズニー・ハリウッド・スタジオ
ディズニー・アニマル・キングダム
ディズニー・タイフーン・ラグーン(ウォーターパーク)
ディズニー・ブリザード・ビーチ(ウォーターパーク)
ディズニー・リバー・カントリー(ウォーターパーク、閉鎖)
ESPNワイド・ワールド・オブ・スポーツ・コンプレックス
ウォルト・ディズニー・ワールド・スピードウェイ
ディズニー・スプリングス
ディズニー・ボードウォーク
22のホテル

東京ディズニーリゾート[編集]


東京ディズニーリゾートは、株式会社オリエンタルランドがディズニーからライセンスを受ける形で独立して所有・運営しており、ディズニーの資本は直接・間接とも入っていない。ディズニー・パークス・エクスペリエンス・プロダクツは主にディズニーパークを中心とするリゾートの運営面での支援を所管している。(ライセンス管理はディズニー・エンタプライゼズ・インクが所管)

東京ディズニーランド
東京ディズニーシー
舞浜アンフィシアター
イクスピアリ[7] (商業施設)
4つのホテル

ディズニーランド・パリ[編集]


ディズニー社とフランス政府の合併企業のユーロ・ディズニーS.C.A.による運営。

ディズニーランド・パーク
ウォルト・ディズニー・スタジオ・パーク
ディズニー・ヴィレッジ(商業施設)
6つのホテル

香港ディズニーランド・リゾート[編集]


ディズニー社と香港インターナショナルテーマパークとの運営。

香港ディズニーランド
インスピレーションレーク
2つのホテル

上海ディズニーリゾート[編集]


ディズニー社が所有、上海シェンディ・グループが運営している。

上海ディズニーランド
ディズニータウン(商業施設)
2つのホテル

テーマクルーズ[編集]


ディズニー・クルーズ・ライン[編集]


ディズニー・マジック
ディズニー・ワンダー
ディズニー・ドリーム
ディズニー・ファンタジー
キャスタウェイ・ケイ

屋内型テーマパーク[編集]

ディズニー・クエスト[編集]


ディズニー・クエスト・フロリダ(ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート、2017年7月2日閉鎖)
ディズニー・クエスト・シカゴ(2001年9月4日閉鎖)
ディズニー・クエスト・フィラデルフィア(建設途中で中止)
ディズニー・クエスト・アナハイム(ディズニーランド・リゾート)(計画段階で中止)
ディズニー・クエスト・トロント(計画段階で中止)

その他の事業[編集]

その他の主な事業は以下の通り。

ウォルト・ディズニー・イマジニアリング(The Walt Disney Imagineering)
ウォルト・ディズニー・クリエイティブ・エンターテインメント(Walt Disney Creative Entertainment)
ウォルト・ディズニー・アトラクションズ(Walt Disney Attractions)
ディズニー・インタラクティブ(Disney Interactive) onsumer Products)
ディズニー・コンシュマー・プロダクツ(Disney Consumer Products)
ESPNゾーンESPN Zone
ワールド・オブ・ディズニー(World of Disney)
ディズニー・バケーション・クラブ(Disney Vacation Club)
アドベンチャーズ・バイ・ディズニー(Adventures by Disney)
アウラニ・ディズニー・リゾート&スパ・コオリナ・ハワイ(Aulani Disney Resort&Spa Ko Olina Hawaii)

他社のテーマパークでのディズニー作品[編集]

ディズニー社が2009年にマーベル・エンターテインメント、2012年にルーカスフィルム、2019年に20世紀フォックス(21世紀フォックス)を買収したことにより、いくつかのディズニーが所有する作品が競合のテーマパーク内に登場している。

ディズニーがマーベルの買収を発表した際、ディズニー社はマーベルが今まで結んでいた契約はこれからも続けると発表した。そしてその中には1994年にテーマパークの「ユニバーサル・スタジオ」を運営するコムキャストNBCユニバーサルと結んだ契約も含まれていた。これはユニバーサル・スタジオ内でマーベル作品のキャラクターを登場させる際に、競合が同じキャラクターを使ってはいけないというものである。現在、アメリカフロリダ州アイランズ・オブ・アドベンチャーアベンジャーズXメンスパイダーマンファンタスティック・フォーが登場しており、日本ユニバーサル・スタジオ・ジャパンではスパイダーマンのみ登場している。そのためこの契約により、アメリカのミシシッピ川以西にあるウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートと、日本にある東京ディズニーリゾートでは、これらのキャラクターとその関連キャラクター(チーム・メンバー、脇役、悪役など)を登場させることは出来ない。

ディズニーランド・リゾートはミシシッピ川以東にあるため、全てのマーベル・キャラクターを登場させることが出来る。しかしアメリカと日本ではテーマパーク内でマーベルの名前を使用することや、シミュレーターライドの開発はいかなるマーベル・キャラクターの下であってもすることが出来ない。アメリカと日本以外ではマーベル作品を扱うにあたって制限は設けられていない。香港ディズニーランドではシミュレーター・ライドのアイアンマン・エクスペリエンスが開業した事を皮切りに世界中でマーベルをテーマとしたアトラクションが造られている。ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャーではガーディアンズ・オブ・ギャラクシー - ミッション:ブレイクアウト!が開業し、上海ディズニーランドにもマーベル・ユニバースが開業した。現在、エプコットに「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」をテーマとしたアトラクション、東京ディズニーランドにマーベル原作の映画「ベイマックス」のアトラクションが開業予定である。

またレゴランド・カリフォルニアレゴランド・フロリダにはスター・ウォーズをテーマとした小さなエリアがある。これはディズニー社のルーカスフィルム買収以前から進められていた計画や今後オープン予定のユニバーサル・スタジオ・北京には2019年にディズニーに買収された20世紀フォックス21世紀フォックス)の作品のアトラクションなどが計画されている。

20世紀フォックスのテーマパークと起訴[編集]

2019年3月、ウォルト・ディズニー・カンパニーは同業の大手ハリウッド映画会社の20世紀フォックスを買収[8]し、ウォルト・ディズニー・カンパニー傘下(子会社)の映画スタジオとなった。

ディズニーに買収される以前、20世紀フォックス(21世紀フォックス)はテーマパークを計画予定でマレーシアクアラルンプールにリゾート・ワールド・ゲンティンの一部とドバイに「20世紀フォックス・ワールド」と呼ばれるディズニーランドのような大型テーマパークを建設[9][10]していた最中であった。テーマパーク内はアトラクションや外見、世界観のようなものなど約7割完成しており、まもなく開園であった時にディズニーに買収され、ディズニーは「20世紀フォックスのテーマパークは挫折の可能性」と発言したあと、20世紀フォックス・ワールドはカジノと隣接する計画のため、ファミリー向けのブランド戦略を取るウォルト・ディズニー・カンパニーが遅延を理由に同計画を無効にしようとしている、と非難[11]した。

その後、一方的にディズニーとフォックスから、中止を求めるよう指示され、11月26日カリフォルニアの中央地区連邦地方裁判所に、投資額などに相当する10億ドル(約1140億円)の支払いを求め、フォックスとディズニーを訴えた[12]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

公式ウェブサイト (英語)
出典:Wikipedia
2020/02/20 00:36
ソ人気記事ランキング
2020/02/27 更新
 1位日本
 2位羽生ありさ
 3位住吉会
 4位水野朝陽
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant