サービス終了のお知らせ
ディーゼル自動車
▼人気記事ランキング
4.問題点
4.2.その他
エンジン製造コストがガソリンのそれに比べ一般として高く、自動車の販売価格も高くなりがちである。
エンジン自体の重量がガソリンエンジンと比べて一般に重くなりやすい。
機関の運転音や振動が大きく、排出ガス中に「スス」などの粒子状物質 (PM) が多く、いわゆる「黒煙」となる。PMをDPFなどで捕捉しても、常に酸素過多の状態(リーンバーン)で運転される特性上、ガソリンエンジンのように三元触媒を使えないため有害排出ガスの浄化が難しく、熱効率を追求し完全燃焼させると排気ガス中の窒素酸化物 (NOx) が増えるという点ではガソリンエンジンと同じだが、触媒での浄化が難しいため、結果として比較的多くのNOxを排出してしまう現状がある。ガソリン車に比べ悪臭がするのは、このためである。
軽油のワックス分は比較的高温で固化する。そのため、冬季の寒冷地では、低温でも固化しないようにするために専用のものを使う必要がある。
軽油引取税を脱税するために軽油に他の物質を混合させた不正軽油を使う事業所や運転手がいる。
[4]前ページ
(4.1.環境対応)
[6]次ページ
(5.法規制)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/02/13 06:30
ソ人気記事ランキング
2020/02/19 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位黒谷友香
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant