サービス終了のお知らせ
ディーゼル自動車
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
ディーゼル自動車(ディーゼルじどうしゃ, diesel car)とは、ディーゼル機関動力とする自動車であり、特徴としてピストンスピードが低い状況でも大きなトルクが得られ、回転数を上げる必要がないため(構造上ガソリンエンジンほど回転数が上げられない)、機械的な損耗を抑えられ、特に巡航(軽負荷)時の空燃比は20:1から60:1程度となるため、熱効率が高いことが挙げられる。燃料に軽油を用いることから、軽油車と呼ばれることもある[1]
内燃機関といわれるエンジンは、燃料シリンダー(燃焼筒)内で燃焼させ、膨張エネルギーを利用してピストンを押し下げて、往復運動クランクを使って回転運動にして利用する。ディーゼルエンジンは、空気を圧縮して燃料の発火温度を超える状態にしたシリンダーの中に、軽油などの燃料を霧状に噴出して燃焼させる。ガソリンエンジンとの違いは、点火装置がないことである。
寒冷環境下では燃焼室内の温度が上がりづらく、始動性が悪化するため、副室式ではグロープラグ、直噴式ではインテークヒーターなどを使い、数秒から数十秒のプレヒートを行い、始動直後も安定燃焼のためのアフターヒートが必要となる。キャブレター式のガソリンエンジンが始動できないような極低温時でも、ディーゼルエンジンは予熱さえ行えば始動させることができる。ただし、ガソリンに比べ軽油燃料は基本的に粘性が高く、低温環境では蝋分析出して流動性が損なわれるため、寒冷地向けに調整された燃料を用いるなどの配慮は要する。つまり豪雪地帯を走る時は、現地寒冷地対応燃料補給することを推奨する。
目次
1.普及状況
2.歴史
3.エンジンの特徴
4.問題点
├4.1.環境対応
└4.2.その他
5.法規制
├5.1.排出ガス規制値の一覧
└5.2.日本における排出ガス規制
6.各国の普及状況
├6.1.フォルクスワーゲン排ガス規制検査不正問題
├6.2.ヨーロッパ
├6.3.インド
├6.4.米国
├6.5.中国
├6.6.日本
└6.7.韓国
7.製造者
8.脚注
9.外部リンク
出典:Wikipedia
2020/02/13 06:30
ソ人気記事ランキング
2020/02/28 更新
 1位日本
 2位羽生ありさ
 3位水野朝陽
 4位住吉会
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant