サービス終了のお知らせ
デ・ハビランド DH.106 コメット
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
デ・ハビランド コメット (de Havilland DH.106 Comet) は、イギリスデ・ハビランド社が製造した世界初のジェット旅客機。「コメット」の名称は自社のデ・ハビランド DH.88に続いて二代目である。
定期運航就航後、程なくして、与圧された胴体のくりかえし変形による金属疲労が原因の空中分解事故を起こしたが、そこで得られた教訓がその後の航空技術、とりわけ安全向上に果たした役割もまた非常に大きい。
目次
1.計画
├1.1.ブラバゾン委員会
└1.2.コメットの開発
2.完成
├2.1.試験飛行
├2.2.就航
└2.3.運航拡大
3.連続事故
├3.1.運航停止と再開
└3.2.徹底調査
4.再就航
├4.1.Mk.IIIの登場
├4.2.競争の激化
└4.3.退役
5.仕様
├5.1.ニムロッド
└5.2.シュド カラベル
6.主なカスタマー(軍用機を含む)
├6.1.民間
└6.2.
7.関連作品
8.脚注
9.文献
10.関連項目
11.外部リンク
出典:Wikipedia
2019/07/17 20:31
ソ人気記事ランキング
2020/03/28 更新
 1位成宮いろは
 2位増岡弘
 3位大学の略称
 4位玉木玲
 5位ジャーマンウイングス9525便墜落事故
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant