ティグリニャ語
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
ティグリニャ語(ティグリニャ ご、Tigrinya language)は、エリトリア中央部およびエチオピアのティグリニャ人(Tigrinya)[1]が用いる言語である。アフロ・アジア語族セム語派に属し、アムハラ語や古代のゲエズ語に近い。エチオピアの公用語の1つであり、またエリトリアの事実上の公用語(規定はない)である。ゲエズ文字により表記される。話者数は670万人ほど。エリトリア(ティグリニャ語地域の北西側)で用いられるティグレ語(Tigre language)は、系統的には近いが別言語である。最も古い記録として、エリトリア南部で発見された13世紀の法律を書いたものがある。エリトリアがイギリスに支配された時代にはティグリニャ語の新聞が発行された。エリトリアではエチオピアとの連邦時代にはアラビア語とともに公用語とされたが、1958年以降アムハラ語のみが公用語とされた。エチオピアでは、アムハラ語オロモ語についで3番目に話者が多く、エリトリアでは最有力言語である。
子音長子音の区別があるが、文字では区別されないため、k'?rr?b?(彼は近づいた)とk'?r?b?(彼は近くにいた)が区別できない。しかしこのようなペアはごく少なく、実用上の不都合はほとんどない。
目次
1.音声
├1.1.子音
└1.2.母音
2.文法
└2.1.動詞
3.文字
4.ゲエズ語からティグリニャ語への変化
5.脚注
6.外部リンク
出典:Wikipedia
2019/10/13 15:01
ソ人気記事ランキング
2020/01/26 更新
 1位日本
 2位唐田えりか
 3位東出昌大
 4位少年誘拐ホルマリン漬け事件
 5位杏 (女優)
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant