サービス終了のお知らせ
ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ
▼人気記事ランキング
2.登場人物
2.1.タートルズのメンバー
本作における4匹の亀の主人公。普段はニューヨーク市の下水道の中で暮らしており、犯罪者やエイリアンと戦ったり、時にはタイムトラベルなどで冒険を行ったりする。好物はピザで、87年版アニメでは寿司が嫌い(師匠のスプリンターとは対照的。なお、2003年版では寿司を食べるシーンがある)。

彼らの関係は作品によって異なっており、基本的には兄弟だが87年版(テレ東版)のように友人関係に近いものもある。また、仲間や自身をちゃん付けする場面が多い。実写版では原作を基準に旧アニメでのノリ(各作品の声優によるアドリブ)を合わせた設定になっており、ドナテロの名称が「ドナテルロ」になったり、声優が異なるためか性格や一人称、ニックネームなど作品ごとに異なっており、またいずれも関西弁などの方言も使われた。特に「3」は旧アニメキャストでノリや話し方はほとんどアニメと変わらないが「1」や「2」の設定も使われている。1人しか記載されていない場合は特記ない限り別途記載する。

タートルズのリーダーで、二刀流での戦いを得意とするの達人。青い鉢巻を巻いている。愛称は「レオちゃん」または「レオ(Leo)」。 名前はルネサンスの巨匠レオナルド・ダ・ヴィンチに由来する。 1987年版 - チームのリーダー格だが、他シリーズと比較すると明るくお茶目な人物として描かれている。
映画三部作 - 真面目な性格。2作目ではシリーズ唯一、一人称が「僕」。
2003年版 - 真面目な性格で、リーダーシップを発揮する場面が多い。
2012年版 - 真面目な性格だが、他のメンバーとじゃれ合ったり軽口を言うなど年相応の明るさを持つほか、ヒーローもののフィクションを好むオタクな一面がある。
ラファエロ (Raphael)
タートルズの一人で、(サイ)の達人。赤い鉢巻を巻いている。愛称は「ラファちゃん」または「ラフ、ラファ(Raph)」。ラファエロのみ、初期と後期では明らかに性格が違う。名前はルネサンスの巨匠ラファエロ・サンティに由来する。 1987年版 - 他のシリーズに比べ、子供っぽく冗談好きでなぜか第四の壁を破って視聴者によく語りかける。唯一一人称が「僕」が使われている。
映画三部作 - 短気で我の強い性格。「3」のみ1987年版アニメと実写の中間の性格。
2003年版- 短気で我の強い性格。ボケ役のミケランジェロによくツッコミを入れ一方、ミケランジェロ以上にとぼけることも多い。
2012年版 - 短気で我の強い性格。
ミケランジェロ (Michelangelo[注 1])
タートルズの一人で、ヌンチャクの達人。橙色の鉢巻を巻いている。愛称は「ミケちゃん」または「マイキー(Mikey)」。名前はルネサンスの巨匠ミケランジェロ・ブオナローティに由来する。 1987年版 - 底抜けに明るいお調子者で、マイペースな性格。「カワバンガ」が口癖。変な味のピザが好きだが憎めない。
映画三部作 - 底抜けに明るいお調子者で、マイペースな性格だが恋愛では一途な一面も。
2003年版 - 底抜けに明るいお調子者で、マイペースな性格。他のメンバーと比べても非常に明るいが他のシリーズに比べ、根は真面目。
2012年版 - 底抜けに明るいお調子者であると同時に、純粋な性格をしている。「ブヤカシャー!」が口癖。
ドナテロ (Donatello)
タートルズの一人で、棒術の達人。紫の鉢巻を巻いている。愛称は「ドナちゃん」や「ドニー(Donny)」、「ドナ」。アニメ作品ではメカニックを手掛けるほか、発明家としても描かれていることが尾い。名前はルネサンス初期の芸術家ドナテッロに由来する。 1987年版 - タートルズのブレインおよびメカニック担当。2つの一人称を使い分けている。
映画三部作 - 「1」「2」「3」で性格が最も異なる。
2003年版 - タートルズのブレインおよびメカニック担当。
2012年版 - タートルズのブレインおよびメカニック担当。エイプリルに惚れている。
[4]前ページ
(1.2.あらすじ)
[6]次ページ
(2.2.タートルズの仲間)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/02/11 18:32
ソ人気記事ランキング
2020/02/27 更新
 1位日本
 2位羽生ありさ
 3位住吉会
 4位水野朝陽
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant