テレビ東京
▼人気記事ランキング
3.沿革
3.2.設立後
1969年
11月1日 - 株式会社東京十二チャンネルプロダクション増資(資本金10億円→20億円)。
11月1日 - 総合放送局に移行。
1978年12月25日 - 標準テレビジョン音声多重放送を開始。
1983年2月 - 最新鋭の自動番組制御装置(APS-II、NEC製)のマスターが完成、更新。
1997年12月 - 有料CS放送「アニメシアター・エックス(AT-X)」放送開始。
1998年10月1日 - 機にロゴマークを一新。名前はTV TOKYO。
1999年12月12日 - 天王洲スタジオの運用開始。
2000年
12月1日 - BSデジタル放送局「BSジャパン」開局。
10月1日から2005年3月31日まで - テレビ東京開局40周年記念を迎えって、特別番組と番組生放送を決定。
12月1日 - 地上デジタルテレビ放送の本放送を開始。
2004年
4月12日 - テレビ東京開局40周年記念日
2005年12月12日 - 公式アニメサイトを「アニメエクスプレス」から「あにてれ」へリニューアル(公式では同日12時12分12秒頃に行ったと発表)。ドメインも分け、総合アニメサイトを目指す。
2006年
5月7日 - 東京ドームでの巨人主催試合を開局以来初めて中継した(対ヤクルト戦)。
2007年
7月7日 - 「テレビ東京ネットワーク七夕祭り」が放送される。2011年までの5年間でテレビ東京のリモコンキーIDである「7」をPRする(合わせて特別番組も放送)。
2008年
7月7日 - 公式アニメサイト「あにてれ」を同日7時7分7秒に一新。
2009年
2010年
3月26日 - BSジャパン、テレビ東京ブロードバンドと経営統合し、10月1日付で認定放送持株会社「株式会社テレビ東京ホールディングス(仮称)」を設立すると発表[21]
7月1日 - 『ピラメキーノ』のマスコットキャラクターのピラメキパンダが7チャンパンダとして地上デジタル7ch宣伝大使に就任、この日より一部の番組を除き、製作(著作)クレジットに7チャンパンダが入ることになった(一部の番組では2008年7月1日登場時のものを継続使用)。
2013年
9月12日 - 機に新しい局マスコットキャラクターとしてバナナのキャラクターを発表、後にナナナと命名される。
9月30日 - 機に製作・著作クレジットを従来の「TV TOKYO 7ch デジタル」/「TV TOKYO 7チャンパンダ」から「TV TOKYO ナナナ」に変更。ナナナはリモコンキーID「7」の形になっている(一部の番組では2008年7月1日登場時のものを継続使用)。記念のスペシャルホームページではありました。
2015年
11月16日 - 11月29日 - 「テレ東、見てもらってイイですか?」キャンペーンを実施。期間中同局の番組を視聴することでプレゼントなどがもらえる。
2016年
8月29日 - 本社移転の第2段階として報道局、スポーツ局、送出マスター以外の機能・部署を移転、新専用郵便番号「106-8007」が設定される[22]。生放送の番組制作や番組送出は引き続き日経電波会館から行う。
11月7日 - 『TXN NEWS』(月曜未明版)終了の0時35分をもって日経電波会館での業務を終了し、報道局、スポーツ局、スタジオ機能を新本社に移転。5時45分の『モーサテ』より新本社から放送を開始。同時に新本社内の地上波・BS統合マスター(NEC製)の運用を開始した[23]
2018年
10月1日 - “兄弟会社”のBSジャパンがテレビ東京グループであることを明確にするため、社名を「BSテレビ東京」に、局名を「BSテレ東」に変更。テレビ東京で開局55周年記念をして、キャンペーンを実施。期間中同局の番組を視聴することでプレゼントなどがもらえる。55周年記念のスペシャルホームページではない。
2019年
[4]前ページ
(2.2.商号変更以降 (テレビ東京))
[6]次ページ
(3.3.社史・記念誌)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/12/08 18:01
ソ人気記事ランキング
2018/12/10 更新
 1位日本
 2位ディアトロフ峠事件
 3位艶堂しほり
 4位鎌倉ものがたり
 5位12月9日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant