テレビ東京
▼人気記事ランキング
5.報道 (緊急放送)
5.1.特別番組に切り替えず、通常番組を放送した事例
沖縄返還協定調印式
あさま山荘事件[31]
三宅島雄山噴火
画面の右下に雄山の上空映像を表示する程度だった。
宮城県沖地震(2005年8月16日発生)
速報テロップで表示する程度だった。その後『速ホゥ!』・『ワールドビジネスサテライト』でも続報を報道したが、ともに放送時間の拡大は行われなかった。
新潟県中越沖地震(2007年7月16日発生)
発生日は祝日編成だったが、発生後も速報テロップを流しながら番組を継続放送させ当日深夜(正確には翌17日午前)0時25分からの『TXNニュース』で第一報を伝えた。その後『速ホゥ!』・『WBS』でも続報を報道したが、いずれも放送時間の拡大は行われなかった。
チャイナエアライン120便炎上事故(2007年8月20日発生)
発生直後に『NEWS MARKET 11』内で速報として放送した。
岩手・宮城内陸地震(2008年6月14日発生)
週刊ニュース新書』で第一報を伝えた。その後の『TXNニュース』でも続報を報道した。
三陸沖地震(2012年12月7日)
津波警報・注意報が発表されていたため、上部に速報テロップ、右下に津波情報テロップを表示しながら継続放送した。
平成28年熊本地震(2016年4月14日)
震源地の熊本県・大分県にはTXN系列のテレビ局が存在しないこともあり、通常放送を継続。TVQ九州放送では地震情報としてL型テロップ表示で情報提供をすることで対応した。その後、同日23:00からの『WBS』と翌朝の『ニュースモーニングサテライト』で続報が伝えられたが、いずれも放送時間の拡大は行われなかった。また、短時間であるが、本震発生後の16日は『THE フィッシング』(テレビ大阪制作)と17日は一部再放送番組を、それぞれ休止した上で地震関連の報道特別番組を放送した。
2017年8月29日の北朝鮮によるミサイル発射(2017年8月29日)
Jアラートが伝達されたため、『ニュースモーニングサテライト』で第一報を伝え、直後に放送される予定だった『おはスタ』を休止の上で拡大し続報を伝えた。『けものフレンズ』の再放送で通常編成を再開したが、テレビ東京のみL字型画面で続報を伝えた。
2017年9月15日の北朝鮮によるミサイル発射(2017年9月15日)
再びJアラートが伝達されたため、『ニュースモーニングサテライト』で第一報を伝え、直後に放送される予定だった『おはスタ』や『朝の!さんぽ道』を休止の上で拡大し続報を伝えた。『厳選!いい宿』で通常編成を再開したが、L字型画面で続報を伝えた。
[4]前ページ
(5.報道 (緊急放送))
[6]次ページ
(6.1.プロ野球中継)

31. このことは2015年4月21日『ありえへん∞世界』でも扱われ、当日の朝日新聞のテレビ欄が紹介された。

~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/06/19 12:31
ソ人気記事ランキング
2018/06/21 更新
 1位寺田屋事件
 2位大阪府北部地震
 3位ドーハの悲劇
 4位セオドア・カジンスキー
 5位6月20日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant