テレビプロデューサー
▼人気記事ランキング
2.プロデューサーへの道
プロデューサーには、下積みから徐々に昇進してなることが多い。

ルートには大別して2通りある。ひとつは演出畑からの昇格であり、アシスタントディレクターディレクター→プロデューサー、というルートである。もうひとつは制作畑からの昇格であり、プロダクションマネージャーまたは制作進行(制作におけるアシスタントディレクターのような地位)→アシスタントプロデューサー(同・概ね一般のディレクター格の地位)→プロデューサー、というルートである。

演出畑出身のプロデューサーの中には、自身がプロデュースする番組において演出を兼任するケースも少なからず見受けられる。また、アシスタントディレクターやディレクターを経験した後にアシスタントプロデューサーとなり、プロデューサーへ昇進する者ももちろん存在する。

[4]前ページ
(1.職域)
[6]次ページ
(3.NHKのテレビプロデューサー)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/06/18 23:00
ソ人気記事ランキング
2019/07/17 更新
 1位日本
 2位しみけん (AV男優)
 3位伊藤春香 (編集者)
 4位7月16日
 5位ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant