テレタイプ端末
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
テレタイプ端末(テレタイプたんまつ、英語: teletype)は印刷電信機テレプリンタ英語: Teleprinter)、TTYともいい、今日ではほとんど使われなくなった電動機械式タイプライターで、簡単な有線無線通信を通じて2地点間の印字電文による電信電気通信)に用いられてきた。
メインフレームミニコンピュータユーザインタフェース用端末としても使われた。いわゆるパソコン通信も、TTYによる通信方法を応用したものである。紙テープにキーボードからの入力や受信したメッセージを記録できる機種もあり、紙テープに記録したメッセージを印刷したり再送したりといったことが可能である。また、紙テープはコンピュータの入出力に使われるものと互換性があった。
様々な通信媒体で使用可能であり、単純な2本の導線から専用線、交換網、無線やマイクロ波のリンクなどがある。モデムを介すれば電話交換網を経由して通信でき、遠隔のコンピュータ、特にタイムシェアリングシステムとの接続によく使われた。
今では出力としてプリンターではなくモニターを採用した完全電子式の端末にほとんど取って代わられた(UNIXシステムなどでは今も「TTY」という用語が使われている)。それでも航空業界では今も広く使われており(AFTNなど)、またろう者が電話回線経由で通信するための装置「聴覚障害者用文字電話」(Telecommunications Devices for the Deaf、TDD)としても使われている。
目次
1.歴史
2.テレタイプ端末を使用したネットワーク
3.運用
├3.1.制御文字
└3.2."Here is" キー
4.主な端末機
├4.1.Creed & Company
├4.2.クラインシュミット
├4.3.モルクラム
├4.4.オリベッティ
├4.5.ジーメンス・ウント・ハルスケ
└4.6.テレタイプ社
5.日本製の機種
├5.1.機種
├5.2.カナテレタイプ
└5.3.漢字テレタイプ
6.テレックス
7.テレタイプセッター
8.コンピュータ端末としての利用
9.衰退
10.脚注
11.参考文献
12.関連項目
13.外部リンク
├13.1.特許
出典:Wikipedia
2019/11/29 20:00
ソ人気記事ランキング
2020/01/20 更新
 1位日本
 2位少年誘拐ホルマリン漬け事件
 3位新潟少女監禁事件
 4位賭博黙示録カイジ
 5位軽井沢スキーバス転落事故
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant