サービス終了のお知らせ
テープレコーダー
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
テープレコーダー: Tape recorder)は、磁気テープなどのテープ状の記録媒体に、信号記録(および再生)する装置である。普通、磁気テープに磁気記録の形で電気信号を記録する。
特に、音響機器録音再生機器)としてのそれを指し、他をビデオテープレコーダデータレコーダなどと区別して呼ぶことが多く、以下では主に音響機器について述べる。特にコンピュータ補助記憶装置は、音響用の流用(データレコーダなど)などの場合を除いてテープレコーダーとは呼ばない。
テープのベースには、ポリエステルなどのプラスチックフィルムが使われる。ポリエステル以前にはアセテートが使われた。初期にはが用いられたこともある。
音響機器の名称としては、スピーカーやパワーアンプなどが付いて単体で音が出たり、小型のもの(録音機能を持ったテープメディアのウォークマンのようなもの)などを指し、オープンリール(オープンデッキ)の機器、ミニコンポなどで他の音響機器を通して音を出す機器などはテープデッキコンパクトカセットなどのカセットテープではカセットデッキとも)と区別することもある。また、ラジカセなどほかと一体となった機器において、テープ装置の部分だけを指す場合にもデッキと言う(1台でダビングのできるラジカセの「ダブルデッキ」など)。
日本では時に略してテレコと呼ばれることがあった[1]
目次
1.長所・短所
2.方式
3.歴史
└3.1.日本における交流バイアス技術をめぐる小史
4.一般への普及
5.脚注
6.関連項目
出典:Wikipedia
2019/06/25 18:30
ソ人気記事ランキング
2020/02/26 更新
 1位日本
 2位住吉会
 3位羽生ありさ
 4位水野朝陽
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant