サービス終了のお知らせ
ツバサ-RESERVoir CHRoNiCLE-
▼人気記事ランキング
概要
ツバサ-RESERVoir CHRoNiCLE-』(ツバサ レザヴォア クロニクル)は、『週刊少年マガジン』にて2003年から2009年まで連載されたCLAMPによる漫画作品である。続編である『ツバサ-WoRLD CHRoNiCLE-ニライカナイ編』についてはそちらを参照のこと。

概要

「サクラの記憶の羽根」を求め、様々な異世界を冒険する冒険活劇。スター・システムハイパーリンクを採用、他のCLAMP作品から様々なキャラクターが多数登場しており、『XXXHOLiC』とは所々話が繋がっている。旅の余談や羽根とは関係のない世界を描いた番外編『ツバサ-語られなかった世界-』が本誌および関連雑誌に何度か掲載された。

異世界はバラエティーに富んだパラレルワールドであり、世界間を移動できない登場人物の役割が世界によって異なるのが特徴である。いわゆる「多重世界」[1]であり、侑子の世界にいるさくら&小狼と本作のさくら&小狼の魂は同じである。ツバサ-RESERVoir CHRoNiCLE-の登場人物では、そのように魂を同じくする者同士の関係を「異世界の同一人物」「同じだけれど違う人」と表現している。

ビィートレインの制作によるテレビアニメ『ツバサ・クロニクル』[2]NHK教育テレビ2005年4月9日から2005年10月15日まで第1シリーズが、2006年4月29日から2006年11月4日まで第2シリーズが放送された。また、2005年8月20日には、Production I.Gの制作、松竹の配給による『劇場版ツバサ・クロニクル 鳥カゴの国の姫君』[3]が公開された。他にProduction I.Gの制作によるオリジナルアニメーションDVD作品として、本作の東京編を原作とした『ツバサ TOKYO REVELATIONS』が、第21巻&第22巻&第23巻の初回限定版として発売された。さらに、その第二弾『ツバサ 春雷記』が第26巻&第27巻の初回限定版として発売された。

reservoir()は、(主に液体を)貯蔵・保管する場所や物を意味する。chronicle(英)は、起きた事柄を記録したものを意味する。

2014年8月20日に講談社より出版・発売された「マガジンSPECIAL No.9」から、『ツバサ-RESERVoir CHRoNiCLE-』の続編にあたる作品『ツバサ-WoRLD CHRoNiCLE-ニライカナイ編』が連載開始された。この作品は『XXXHOLiC』の続編である『XXXHOLiC・戻』第3巻から物語が繋がる形で連載が始まった。詳しくは『ツバサ-WoRLD CHRoNiCLE-ニライカナイ編』を参照。

ストーリー

考古学者の卵・小狼と玖楼国の姫・サクラ幼馴染。2人は身分に関係なく、互いに惹かれ合っていた。ある日、サクラに秘められた力を手に入れようとする飛王・リードの陰謀により、サクラの記憶は無数の羽根と化して異世界へ飛び散る。瀕死に陥ったサクラを救い記憶を取り戻すには、飛び散った羽根をサクラの体に戻すしかない。しかし異世界へ移動する力を何度も使えるのは、唯一、異世界にいる次元の魔女と呼ばれる人物のみだった。

玖楼国の神官・雪兎により次元の魔女(『XXXHOLiC』の壱原侑子)の元へ送られた小狼は、知世姫によって日本国から送られた忍者黒鋼、自ら次元移動魔術を使ってセレス国からやってきた魔術師ファイ・D・フローライト(通称:ファイ)と出会う。2人もそれぞれの事情により何度も次元を渡る力を必要としていた。次元を渡る力を得る対価は、3人でひとつの手段を共有し一緒に旅すること、それぞれの最も大切なものを渡すことだった。3人は条件をのみ、それぞれ最も大切なものを次元の魔女へ対価として支払う。黒鋼は破魔刀「銀竜」、ファイは魔力を抑える刺青、そして小狼はサクラとの関係性(サクラの記憶の中にある、小狼との記憶)。こうして異世界を渡り歩く能力を持つ生物モコナ=ソエル=モドキ(通称:モコナ)を得た一行は、それぞれの願いを叶えるために、異世界を渡る過酷な旅を始めることになる。

4人と1モコナが訪れた最初の国・阪神共和国で小狼が目覚めたとき、ファイはサクラの記憶の羽根が小狼に引っかかっていたことに気づき、すぐにサクラの身体の中に戻し、サクラは一命をとりとめた。サクラの記憶の羽根から魔力が放たれていることに気が付いたモコナは、サクラの記憶の羽根が訪れた世界にあるかどうかわかるかもしれないこと、そして最初の国・阪神共和国にサクラの羽根があることを感じ取った。小狼たち一行は、サクラの記憶の羽根を取り戻すべく、旅を始めるのであった。

モコナの能力で一行が訪れた異世界はどこも、サクラの記憶の羽根の持つ強大な魔力によって何らかの異変が起きていた。ある世界では領主が羽根の力で人々を支配し、別の世界では羽根の力が人助けのために使われ、また別の世界では貴重なエネルギーとして争奪の的になっていた。それらの難題を一行は解決し、次々と羽根を取り戻していく。

次々に明らかになっていく小狼・サクラ・黒鋼・ファイの過去や正体、もう一人の『小狼』『サクラ』の存在、四月一日君尋(『XXXHOLiC』)との関係、飛王・リードの思惑と次元の魔女の想い、クロウ・リードの存在。

多くの異世界にサクラの記憶の羽根を飛び散らせ、多くの異世界に異変を起こし、様々な世界を旅させ記憶させたサクラの「次元を超える力を持った身体」を手に入れ、一行に様々な異世界を旅させて「世界の理」を崩し、この世で絶対的に変わることのない「死者は蘇らない」という理を覆すことこそ、飛王・リードの目的であった。

登場キャラクター

単行本

日本国内での発売

単行本は28巻で完結。通常版と、扉絵カバーの材質などが通常版とは異なる豪華版の2種類が、いずれも講談社より発売されている。なお、第21巻、第22巻、第23巻、第26巻、第27巻はオリジナルアニメを収録したDVDをセットにした初回限定版[4]が併せて発売された(オリジナルアニメに関してはオリジナルアニメーションDVDの項を参照)。

単行本の発売年月日 ISBNは通常版/豪華版/初回限定版(第21巻、第22巻、第23巻、第26巻、第27巻のみ)の順。

第1巻:2003年8月12日 ( / )
第2巻:2003年10月17日 ( / )
第3巻:2003年12月17日 ( / )
第4巻:2004年2月17日 ( / )
第5巻:2004年4月16日 ( / )
第6巻:2004年6月17日 ( / )
第7巻:2004年8月17日 ( / )
第8巻:2004年11月17日 ( / )
第9巻:2005年2月17日 ( / )
第10巻:2005年5月17日 ( / )
第11巻:2005年8月17日 ( / )
第12巻:2005年10月17日 ( / )
第13巻:2006年2月16日 ( / )
第14巻:2006年4月17日 ( / )
第15巻:2006年7月14日 ( / )
第16巻:2006年9月15日 ( / )
第17巻:2006年11月18日 ( / )
第18巻:2007年3月16日 ( / )
第19巻:2007年6月15日 ( / )
第20巻:2007年8月17日 ( / )
第21巻:2007年11月16日 ( / / )
第22巻:2008年1月17日 ( / / )
第23巻:2008年3月17日 ( / / )
第24巻:2008年7月17日 ( / )
第25巻:2008年11月17日 ( / )
第26巻:2009年3月17日 ( / / )
第27巻:2009年5月15日 ( / / )
第28巻:2009年11月17日 ( / )
関連書籍として、以下の3つがある。

『ツバサ CARACTere GuiDE』()(2005年4月15日
『ツバサ CARACTere GuiDE 2』()(2006年10月17日
原画集(発売:講談社)
『ツバサ原画集-ALBuM De REProDUCTioNS-』()(2007年4月17日
『ツバサ原画集-ALBuM De REProDUCTioNS-2』 () (2009年11月17日

海外での発売

本作は英語フランス語ドイツ語スペイン語中国語韓国語などの諸外国語に翻訳され、世界各国で発売されている。

アメリカ合衆国デル・レイ(Del Rey Manga)
カナダ:英語版- デル・レイ(Del Rey Manga)/フランス語版- ピカ・エディション(PiKa ?dition)
メキシコ:エディトーリアル・ビド(Editorial Vid)
韓国鶴山文化社(HAKSAN Publishing)
台湾東立出版社(豪華版も刊行)
香港:東立出版社(豪華版も刊行)
シンガポール:チャン・イー(Chuang Yi/創芸)(英語版と中国語版を刊行。)
タイ:ウィブーンキッド・パブリッシング(Vibulkij Publishing)
マレーシア:アレナ・コミック(Arena Komik)
インドネシア:エレックス・メディア(Elex Media Komputindo)
イギリスランダムハウス(Random House)(タノシミ(Tanoshimi)というレーベルで発売)
アイルランド:ランダムハウス(Random House)(タノシミ(Tanoshimi)というレーベルで発売)
フランス:ピカ・エディション(PiKa ?dition)
イタリア:スター・コミックス(Star Comics)
スペイン:ノルマ・エディトーリアル(Norma Editorial)
ドイツ:エグモント(Egmont Manga & Anime)
ポルトガルJBC出版社(Editora JBC)
ブラジル:JBC出版社(Editora JBC)

テレビアニメ

ツバサ・クロニクル』のタイトルで、NHK教育テレビで2005年4月9日から同年10月15日まで第1シリーズを、2006年4月29日から同年11月4日まで第2シリーズが放送された。スターシステムにより登場のキャラクターは基本的に声優が原典から変更されている[5]。結末は原作とは異なり、飲酒や賭博のシーンもない。全52話。

2007年5月5日の第2シリーズ再放送終了をもって放送を終了したが、「東京編」と「日本国編」がオリジナルアニメーションDVD化されている。詳細はオリジナルアニメーションDVDの項を参照。

音楽は梶浦由記が担当。本作で使用された楽曲の中には、同じくNHKの『歴史秘話ヒストリア』で使用されているものもある(『Hear Our Prayer』など)。

スタッフ

原作 - CLAMP
監督
真下耕一
モリヲカヒロシ(第1シリーズでは監督補)
脚本 - 川崎ヒロユキ
キャラクターデザイン - 芝美奈子
美術監督 - 渡辺紳
色彩設計 - 小島真喜子
撮影監督
鎌田克明(第1シリーズ)
五十嵐慎一(第2シリーズ)
編集 - 黒澤雅之
音楽 - 梶浦由記
音響監督 - なかのとおる
制作統括
沢田昇、松本寿子(第1シリーズ)
冨永慎一、市谷壮(第2シリーズ)
アニメーション制作 - ビィートレイン
共同制作 - NHKエンタープライズ
制作・著作 - NHK

主題歌

各話リスト

放送局

関連商品

オリジナルサウンドトラック「Future Soundscape I」<2005年7月6日/VICL-61661(通常盤)VIZL-137(限定盤)>
オリジナルサウンドトラック「Future Soundscape II」<2005年9月22日/VICL-61662(通常盤)VIZL-145(限定盤)>
オリジナルサウンドトラック「Future Soundscape III」<2006年7月5日/VICL-61966(通常盤)VIZL-189(限定盤)>
オリジナルサウンドトラック「Future Soundscape IV」<2006年9月21日/VICL-62084(通常盤)VIZL-203(限定盤)>
ドラマ&キャラソンアルバム「王宮のマチネ Chapter1 〜水上都市コラル〜」<2005年12月16日/VICL-61794>
ドラマ&キャラソンアルバム「王宮のマチネ Chapter2 〜ありえないゴール〜」<2006年2月1日/VICL-61851>
ドラマ&キャラソンアルバム「王宮のマチネ Chapter3 〜言えないセリフ〜」<2006年3月24日/VICL-61897>
ベスト・ボーカル・コレクション<2006年12月20日/VICL-62166>
全てビクターエンタテインメントより発売。 曲目などの詳細はVictor Animation Network【m-serve】 DISCOGRAPHY ツバサ・クロニクルを参照。
DVD
「ツバサ・クロニクル II」(2005年9月23日
「ツバサ・クロニクル III」(2005年10月28日
「ツバサ・クロニクル IV」(2005年11月25日
「ツバサ・クロニクル V」(2005年12月23日
「ツバサ・クロニクル VI」(2006年1月27日
「ツバサ・クロニクル VII」(2006年2月24日
「ツバサ・クロニクル 第2シリーズ II」(2006年9月22日
「ツバサ・クロニクル 第2シリーズ III」(2006年10月27日
「ツバサ・クロニクル 第2シリーズ IV」(2006年11月24日
「ツバサ・クロニクル 第2シリーズ V」(2006年12月22日
「ツバサ・クロニクル 第2シリーズ VI」(2007年1月26日
「ツバサ・クロニクル 第2シリーズ VII」(2007年2月23日
全てバンダイビジュアルより発売。

「TV ANIMATION ツバサ・クロニクル OFFICIAL FANBOOK」(、2005年5月17日
「TV ANIMATION ツバサ・クロニクル BEST SELECTION」(、2006年4月17日
「TV ANIMATION ツバサ・クロニクル 2nd SEASON OFFICIAL FANBOOK」(、2006年6月16日
全て講談社より発売。

「ツバサクロニクル」(DS) 2005年10月27日発売
「ツバサクロニクル Vol.2」(DS) 2006年4月20日発売
全てアリカより発売。アニメの世界を主人公サイドから追体験するゲームである。戦闘パートが存在し、カードで戦略を決定する。選択や戦闘次第でアニメ版と異なる展開に変化する事もある。

映画

劇場版ツバサ・クロニクル 鳥カゴの国の姫君』のタイトルで2005年8月20日に公開された。『劇場版xxxHOLiC 真夏ノ夜ノ夢』と同時上映。後に単品でDVD化され、レンタル版も存在する。

物語は劇場版だけの完全オリジナルである[6]

劇場版のコンセプトは「シンプルであること」[6]。悪役は悪役らしく描き、悪を倒して国に平和がやってくるというコンセプトである[6]。衣装は沖縄の民族衣装をイメージしており、味方は朱色、敵は青色と分けている[6]

スタッフ(映画)

監督 - 川崎逸朗
脚本 - 後藤みどり、藤咲淳一、川崎逸朗
キャラクターデザイン - 菊池洋子
作画監督 - 菊地洋子、浅野恭司
舞台設計 - 宮沢康紀
プロップデザイン - 白石亜由美
色彩設計 - 広瀬いづみ
美術監督 - 篠原理子
美術設定 - 平沢晃弘
美術監修 - 加藤浩
撮影監督 - 佐久間未希
編集 - 濱宇津妙子
音楽 - 梶浦由記
音響監督 - 若林和弘
プロデューサー - 岩崎善浩、森田浩章、中武哲也、白濱なつみ、堂下律明、渡辺哲也、松本寿子、鹿野郁子
アニメーション制作 - Production I.G
製作 - 松竹、講談社、Production I.G、日本出版販売ムービック電通NHKエンタープライズ、パイロテクニスト
配給 - 松竹

主題歌(映画)

作詞・歌 - キンヤ / 作曲 - HΛL
エンディング「アムリタ
作詞・作曲 - かの香織 / 歌 - 牧野由依

関連商品(映画)

DVDが2006年2月25日松竹より発売された。

オリジナルアニメーションDVD

ツバサ TOKYO REVELATIONS

単行本第21巻、第22巻、第23巻の初回限定版に同梱されて発売された「東京編」のオリジナルアニメーションDVD(略称・OAD)。

「Revelations」は英語で「黙示録」「秘密の暴露」「意外な新事実」の意味。

登場人物や一部のBGMはテレビアニメ版と同じであるが、制作はProduction I.Gが担当している。内容は東京編のみで、テレビアニメ版とは繋がっていない(※『X』の世界)。舞台となる世界についてはツバサ-RESERVoir CHRoNiCLE-の登場人物#東京(砂の国)を参照。

監督 - 多田俊介
脚本 - 大川緋芭(CLAMP)
キャラクターデザイン - 菊地洋子
プロップデザイン - 秋川一則
モンスターデザイン - 佐々木啓悟
色彩設計 - 津守裕子
美術監督 - 野村正信
美術 - 美峰
撮影監督 - 田中宏侍
3D監督 - 遠藤誠
音楽 - 梶浦由記
音響監督 - 三間雅文
音響制作 - テクノサウンド
アニメーション制作 - Production I.G
作詞・作曲・編曲 - 梶浦由記 / 歌 - 牧野由依
エンディングテーマ「さいごの果実
作詞・歌 - 坂本真綾 / 作曲 - 鈴木祥子 / 編曲 - 斉藤ネコ

ツバサ 春雷記

第26巻と第27巻の初回限定版に同梱されて発売された前後編OAD。副題は"春雷記(しゅんらいき)"。

アニメーション製作はProduction I.G。

企画 - 入江祥雄、清水保雅
監督 - 多田俊介
シリーズ構成 - 大川七瀬(CLAMP)
キャラクターデザイン - 菊地洋子
プロップデザイン - 冨永拓生
色彩設計 - 津守裕子
美術監督 - 峯義人
美術デザイン - 藤瀬智康
撮影監督 - 田中宏侍
特殊効果 - 村上正博
編集 - 植松淳一
音楽 - 梶浦由記
音響監督 - 三間雅文
音楽プロデューサー - 福田正夫、野崎圭一
プロデューサー - 松下卓也、菅原喜一郎
アニメーションプロデューサー - 黒木るい
アニメーション制作 - PRODUCTION I.G
製作 - 講談社
作詞 - 坂本真綾 / 作曲・編曲 - 市川裕一 / 歌 - 坂本真綾
エンディングテーマ「記憶の森
作詞・作曲・編曲 - 梶浦由記 / 歌・演奏 - FictionJunction

ドラマCD

私立堀鐔学園
XXXHOLiC』とのコラボレーションによるドラマCD。両作の主立ったキャラはほとんど登場する平和な学園物語。

脚注

  1. ^ 平行して存在するも選択次第では直接繋がる可能性を持つ世界
  2. ^ タイトルロゴ上では『ツバサ・クロニクル〜年代記〜』とされており「〜年代記〜」の文言はメインタイトルの下にふた回り以上小さい文字で書かれている。
  3. ^ テレビアニメと同様、タイトルロゴに「〜年代記〜」の表記があるが、公式サイトや映画情報サイトでは省略されている。
  4. ^ ODA付属の初回限定版にはドラマCD『私立堀鐔学園』全員プレゼント用応募券が付加されていた。
  5. ^ 第2期18話に登場したケルベロス(仮の姿)のみ、原典と同じく久川綾が担当している。
  6. ^ a b c d 「2005年新作アニメリーグ キックオフ直前情報!!」『アニメディア』第25巻第7号、学習研究社、2005年7月1日、 30頁、2012年9月18日閲覧。

    外部リンク

    漫画公式サイト
    テレビアニメ公式サイト(NHK)
    劇場アニメ公式サイト(Production I.G)
    ツバサ TOKYO REVELATIONS
    「ツバサ」「×××HOLiC」オリジナルアニメーション公式サイト(ツバサ 春雷記)
    CLAMP公式サイト
出典:Wikipedia
2020/03/23 23:32
ソ人気記事ランキング
2020/03/28 更新
 1位成宮いろは
 2位増岡弘
 3位大学の略称
 4位玉木玲
 5位ジャーマンウイングス9525便墜落事故
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant