サービス終了のお知らせ
ツクダオリジナル
▼人気記事ランキング
概要
株式会社ツクダオリジナルは、かつて存在した日本の玩具メーカー。ツクダグループの内の1社。

概要[編集]

1974年に株式会社ツクダの製造部門が独立し、東京都台東区に設立された。オセロルービックキューブ、スライムなどのロングセラー商品を抱えていた。そのほかに、エアー圧縮型水鉄砲「エアーウォーターガン」シリーズやシャボン玉遊びができるワンダーシャボン、ままごと遊び商品など男児・女児向けのホビー分野の商品を販売していた。 

株式会社ツクダの経営不振からツクダグループを離れ、幾度かの社名変更や吸収合併を経て、現在はメガハウスの一事業部に引き継がれている。

歴史・沿革[編集]

1973年 - 株式会社ツクダがオセロを発売。累計2千万個販売。
1974年 - ツクダが製造部門を独立させ、株式会社ツクダオリジナルを設立。創業者は佃光雄、資本金500万円。
1977年 - オセロ世界大会を開催。
1978年 - スライムが大ヒットする。累計1200万個販売。
1980年 - 世界でヒットしたルービックキューブを発売。累計800万個販売。
1981年 - 東京都台東区のツクダグループビル内に「日本玩具資料館」を開設。2004年に閉館。
1983年 - セガSCSGシリーズ互換機「オセロマルチビジョン」を発売。
1991年 - 「ファーストママ」シリーズ、「エアーウォーターガン」シリーズを発売。
2001年 - 二足歩行ロボット「PINO」、ワンダーシャボンを発売。
2002年7月16日 - ツクダの経営不振を受け、株式会社バンダイの完全子会社になる。
2003年3月31日 - 玩具メーカーの株式会社ワクイコーポレーションからの営業譲渡を受け、株式会社パルボックスに改称。

現在[編集]

2011年 前社長 佃義範は現在無機ELメーカー東方EL電子工業鰍創業し現在代表取締役社長に就任。

主な製品[編集]

オセロゲーム
PINO DX
アメリカン・バトルドーム
ルービックキューブ
ミルクモウモウ
キャベッジパッチキッズ英語版

ツクダグループ[編集]

ツクダ - 玩具の卸・販売を行う専門問屋。2002年度末に倒産。
ツクダ社内で倒産直前に一般社員に対して東京本社幹部からのパワーハラスメントが行われた。しかし佃社長とその他管理職は、その一切を認めなかった。しかし労働局からの「あっせん」によって、話し合いに応じ金銭による解決策をツクダが提示したが、一般社員が取り下げを行った。尚、一般社員は金銭的解決ではなくパワーハラスメントを行った幹部、並びに社長による謝罪を求めたが、佃社長は応じなかった。

一般社員の勤務する支店では店長による「上司がカラスは白いといったら白いんだ!」という名言が残されている。

この一連の経緯に関しては、労働局に記録として残されている。

ツクダオリジナル - 本項にて取り上げている会社。かつてのツクダ製造部門。
ツクダアイデアル - ツクダグループがフィギュアモデル市場に新規参入する際に設立した会社。センチメンタルグラフティ同級生シリーズなどのギャルゲーアダルトゲームのヒロインフィギュアを多く手掛けていた。
ツクダホビー - ボードゲームプラモデル・フィギュアなどを販売。2002年度末に倒産し、事業はツクダに吸収され、後に清算された。
ツクダシナジー - PCゲーム事業を手掛ける会社。会社設立当初から親会社のツクダが経営不振で、同業者との商戦も熾烈だったことから早々に業績が悪化し、設立からわずか数年で倒産。かつては、エンターブレイン刊の月刊パソコン情報誌・テックウィン(のちのテックウィンDVD)のPCゲーム業界の最新情報コーナーに数ヶ月間連載していた。
日本玩具資料館 - 日本で昭和初期以降に製造された玩具や、アメリカなどへの輸出向け玩具を収蔵していた。2004年に閉館し、収蔵品はバンダイミュージアムに引き継がれた。

関連項目[編集]

ツクダホビー
バンダイナムコグループ
バンダイミュージアム
メガハウス
クローバー - ツクダの社員が独立し、1973年に創業した玩具メーカー。

外部リンク[編集]

メガハウス第4事業部(megatoy-メガトイ)
出典:Wikipedia
2020/02/19 15:00
ソ人気記事ランキング
2020/02/28 更新
 1位日本
 2位羽生ありさ
 3位水野朝陽
 4位住吉会
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant