サービス終了のお知らせ
ツヨシしっかりしなさい
▼人気記事ランキング
3.登場人物
3.4.ツヨシのクラスメイトと後輩と担任
声 - 千葉繁
ツヨシの幼馴染み・親友で四角い眼鏡をかけた少年。血液型はAB型。
「石神高校のドン・ファン」を自称する一方、「アホナベ」というあだ名のとおり頭が悪く、恵子に利用されてはよくツヨシを裏切る。また、ポルノに買収されるほどの極度のスケベで、恵子をはじめとする様々な女性に好意を抱くも、そのほとんどが失恋に終わる。さらに、嫉妬深い性格をしており、恵子のデートの相手と間違えて無関係の通行人を襲って仕返しされたり、ツヨシに取り押さえられるオチで終わる。
ツヨシが井川家で料理を作っているのを知らない。また両親は共働きでいつも出来合いのカツコロッケばかり食べている。誕生日は11月7日。彼の部屋には格闘家のポスターが貼ってあり、愛用のヌンチャクを持っている。
アニメ版ではしっかり者の小学生の妹・由美(ゆみ)がおり、妹には頭が上がらない。
『しっかり2しなさい』では信用金庫の係長。『テツぼん』では、ほくほくフーズの秘書室長としてツヨシのサポートを行っている。相変わらずの女好きのため、室長だがセクハラ予防のために部下は一人もいない。結婚はしておらず、仙露鉄男と一緒にいた児玉のぞみにアプローチをかけるも、断られる。
藤 辰也(ふじ たつや)
声 - 置鮎龍太郎
ツヨシと渡辺のクラスメイト。第16話初登場。文武両道でかつ容姿端麗で周囲からの評判が高いが、ツヨシと渡辺に振り回されることが多い。
初登場時にツヨシが体育の授業で見せたキック力に驚き意識するようになり、恵子をツヨシの恋人であると勘違いして嫉妬し、一方的にライバル視する。ツヨシと渡辺が行う「ザ・サバイバルマラソン本当に勇気があるのは誰だ?」でツヨシに敗れたものの、その後打ち解け友人関係となる。
原作とアニメでは髪型が違う。誕生日は渡辺と同じ11月7日。
相川 恵理(あいかわ えり)
声 - かないみか
第102話登場。石神高校の一年生でツヨシより1つ下。渡辺を呼び出したが急用で断り、公園で男たちにナンパされるためツヨシに彼氏のフリをしてもらうが、それを見た渡辺に誤解されることになる。次の日に渡辺を呼び出しツヨシにラブレターを渡して欲しいとお願いする。
川上 哲子(かわかみ てつこ) / 川上 マリコ
声 - 島本須美
ツヨシの高校の数学教師で3年次の担任。アニメでは下の名前がマリコとなっている。第10話初登場。
眼鏡を掛け厳格かつ歯に衣着せぬ物言いで生徒たちから恐れられている。特に何かと学校で問題を起こすツヨシと渡辺に頭を痛め、彼等2人に目を光らせ厳しくしている。男尊女卑を頑なに否定しており、女性に対する差別的な発言に意見する場面も多い。特に自身に当てはまる「ハイミス」「いかず後家」といった言葉には、追試の合格点を引き上げるほどの過剰な反応を見せる。ツヨシが校内模試で満点を採った際には、東大受験を強行させようと画策した。妹(声 - 新山志保〈第47話登場〉)がいて、赤ん坊の健太をあずかるも育児疲れの過労で倒れてしまいツヨシが世話をすることになる。原作ではツヨシの成績の悪さを知り家庭訪問を行ったが、その際ツヨシが女性陣にこき使われているという井川家の事情を知り、それなりに理解を示した。ツヨシと同じ石神高校の卒業生である。92話で高校生時代が描かれ、当時は美少女で野球部の渡辺健一にラブレターを出したが気付かれず、10年後自分のロッカーからラブレターを見つけ出した司とツヨシの計らいで健一と再会する。
[4]前ページ
(3.3.鷺野家と関係者)
[6]次ページ
(3.5.子供達)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/02/04 02:00
ソ人気記事ランキング
2020/02/17 更新
 1位日本
 2位黒谷友香
 3位槇原敬之
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant