サービス終了のお知らせ
ダニエル・ウールフォール
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
ダニエル・バーリー・ウールフォール(Daniel Burley Woolfall, 1852年6月15日 - 1918年10月24日)はイギリスブラックバーン出身の人物で、国際サッカー連盟(FIFA)第2代会長である。FIFA会長時代に、国際サッカー評議会(IFAB)の作成した世界統一のサッカー競技規則(サッカールール)で、全ての国でサッカーを行うこととした。欧州外のFIFA加盟国を増加させ、FIFA拡大に貢献した。FIFA会長、イングランドサッカー協会会長、イングランドランカシャー州サッカー協会会長と、世界的組織から一地方の組織までの3つのサッカー組織の現職会長を兼職したまま、死去した[1][2]
目次
1.概要
2.出典
3.関連項目
4.外部リンク

1. 歴代FIFA会長ページDaniel Burley Woolfall-FIFA公式HP
2. Daniel Woolfall - the Blackburn man who became the president of FIFA-FIFAサッカー博物館に、ウールフォールの研究を提供したスティーブ・ウィリアムズ氏の記事-イギリス月刊誌lancashirelife、2015年5月27日配信、同年10月編集

出典:Wikipedia
2018/06/28 19:31
ソ人気記事ランキング
2020/02/18 更新
 1位日本
 2位黒谷友香
 3位水野朝陽
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant