サービス終了のお知らせ
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか
▼人気記事ランキング
4.主な登場人物
4.1.主人公
- 松岡禎丞
本作の主人公。ヘスティア・ファミリア団長。紅眼白髪の14歳の少年でヒューマン[21]。その容姿から兎呼ばわりされることが多い。物語開始時のステイタスはLv.1の駆け出しだったが[22]、本編15巻の時点ではLv.4までランクアップしている[23]
田舎で育ての祖父と2人で暮らしていたが、祖父の死後、異性との出会いを求めて冒険者となるべくオラリオにやって来る[24]。どのファミリアからも門前払いをくらい途方に暮れていた時、同じく入団者を見つけられずにいた女神ヘスティアと出会い、彼女の最初の眷属となる[25]
性格は、基本的に善良かつ奥手だが、祖父の影響で異性に抱く憧れが強く、年上の女性を意識する面がある[26]。祖父から英雄譚(原典)を聞いて育ったために人一倍英雄譚に詳しく[27]、年甲斐もなく英雄になりたいという想いを秘めている[28]。ベルを見初め、ベルの成長を望むフレイヤの企みや[29]、ベルを英雄に押し上げようとするヘルメスのお節介により[30]、度々騒動に巻き込まれる[31][32]
冒険者として駆け出しの頃にアイズから戦い方の指導を受けて[33]ミノタウロスを倒すに至り[34]、それ以降もアイズの指導を受け[35]、異例で急速なランクアップ[36]、戦争遊戯での勝利[37]、異端児の事件やアステリオスとの死闘を乗り越えて新たなる目標と好敵手を得て[38]、オラリオの冒険者に一目置かれるようになる。
主にナイフなどの刃渡りの短い刀剣や軽装の鎧を装備し、自身の速度を生かした戦い方を行う。ヘファイストス製の持ち主と共に成長するという特性を持つ神(ヘスティア)のナイフ[注 2]を装備しており、ヴェルフと知り合って以降は、彼の製作する武器・防具を主に使用する。また、他の攻撃魔法と比べると単発の火力は低いが、連射可能で無詠唱の魔法ファイアボルトを使用する[42]
アイズへの憧憬から発現した、アビリティの成長速度を促進するレアスキル憧憬一途(リアリス・フレーゼ)を会得し[43]、異常なアビリティの急成長を遂げており、アビリティの限界突破を成し遂げている他[44][注 3]、副次効果で魅了(チャーム)が効かない[45]。また、9階層での片角のミノタウロスとの死闘で「英雄になりたい」という願いから発現した、蓄力(チャージ)により攻撃や魔法などの能動的な行動の威力を増幅する、英雄の一撃を放つスキル英雄願望(アルゴノゥト)を得ており[46]、このスキルの特徴を応用した聖火の英断(アルゴ・ウェスタ)という技を独自に編み出している[47]
最初の二つ名は未完の少年(リトル・ルーキー)。Lv.4にランクアップした際には、白兎の脚(ラビット・フット)という新たな二つ名を獲得する。
アイズ・ヴァレンシュタイン
声 - 大西沙織
外伝『ソード・オラトリア』の主人公[8]。作者から本編では最後に救いたいヒロインと位置付けられている[48]ロキ・ファミリアの中核を担う金髪金眼の冒険者で16歳のヒューマン。ステイタスは単身で階層主ウダイオスを討伐し[49]、Lv.6へランクアップ[50]
ベルが冒険者の駆け出しの頃に、ミノタウロスに襲われていたベルを間一髪で救い、ベルと出会う[51]。ベルの目標であり憧れの人で、駆け出しのベルに戦い方を初めて教えたことから[33]、ベルにとって戦闘の師匠でもある。物語が進むにつれベルとの関わりが深まっている。
物静かで感情をあまり表に出さず、その美貌も相まって神秘的な印象を持たれがちであるが、精神的には幼く、対人関係も苦手であり、天然な行動が多く[52]、酒を飲むと記憶が無くなり鬼神と化す[53]。オラリオの有名人の一人で[54]、ファミリアの中でも尊敬と人気を集めている[55]。強くなることが何よりも最優先でそれ以外の事柄には関心が薄いため、暇さえあればダンジョンへ潜っている[56]
戦闘では強力な剣士であり、パーティーでは主に前衛を務め[57]、自身に風を纏わせる付与魔法エアリエルにより攻撃力と防御力を高める戦闘スタイル[58]。必殺技は武器に風を纏いながら突撃する刺突技リル・ラファーガ[59]神の恩恵を刻まれた当初からモンスターに対する攻撃力の高域強化と竜種に対する攻撃力を超域強化するスキル復讐姫(アヴェンジャー)を発現しており[60]、憎悪の丈によってその効果が向上する[61]
ロキ・ファミリアへの入団は7歳で[62]、その動機は私怨。幼少期から「怪物は必ず殺す」と自らに誓いを立てるなどモンスターに対して並々ならぬ憎悪があり、自身や武器を顧みずに、人形のように無表情でモンスターを狩る姿から人形姫[63]、モンスターに対する容赦ない戦いぶりから戦姫とも呼ばれるようになる[64]。また、モンスターを殺すこと、強くなること以外に全く興味がなかったため、特に教育係であるリヴェリアを困らせていた[65]
作中では、自分の前には英雄は現れないという絶望と、自身が強くなる必要があるという必死の想いが過去の回想やベルと絡めて幾度も描かれる[66]。母の名がアリア[67]、彼女の中に精霊の血が流れていること[68]黒竜に対する憎悪[69]、迷宮神聖譚の大英雄アルバート(二つ名は傭兵王ヴァルトシュテイン)との関連が示唆されている[70]。ただし、彼女の秘密はロキとファミリア首脳陣の限られた人しか知らない[71]
二つ名は剣姫(けんき)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/02/19 03:32
ソ人気記事ランキング
2020/02/19 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位黒谷友香
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant