ダライ・ラマ14世
▼人気記事ランキング
13.マルクス主義について
若い頃にはチベットの経典やナショナル ジオグラフィックなどの歴史や天文学の本の他にマルクスレーニンの本も読み、中国共産党への入党を希望[61]していた時期もあったことを明かしている。マルクス主義の「平等な分配」の考えに同意しているが、マルクス主義の極めて物質主義的な観点から人の生存をとらえるという部分は唯一の欠点であるとし、その点については同意していない。自分を「マルクス主義者」[107][108]とし、「半・マルクス主義者」[109]と呼んでも構わないと語っており、仏教と純粋なマルクス主義が融合した場合には、それが有効な施政方法となることを確信していると述べている[110]

[4]前ページ
(12.映画)
[6]次ページ
(14.受賞等)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/12/24 12:01
ソ人気記事ランキング
2020/01/17 更新
 1位日本
 2位平清香
 3位ドロヘドロ
 4位軽井沢スキーバス転落事故
 5位1月16日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant