ダライ・ラマ14世
▼人気記事ランキング
4.インドとの関係
1959年3月31日に、ジャワハルラール・ネルー初代首相はダライ・ラマ14世のインドへの亡命を受け入れた。1959年10月20日に開始された中印国境戦争以後もダライ・ラマ14世を保護し続け、インド北部のダラムサラにガンデンポタン(チベット亡命政府)と多数の亡命チベット人を今日まで受け入れてきた。

2004年10月20日マンモハン・シン第13代首相は、会談の際インド国内でのダライ・ラマ14世の政治活動を認めないと表明した[72]。さらに、2008年にシブシャンカール・メノン外務次官は、ダライ・ラマ14世はインドを拠点に反中華人民共和国活動をしないことを約束している客人であると述べている[73]

[4]前ページ
(3.3.バラク・オバマとの関係)
[6]次ページ
(5.欧州諸国との関係)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/12/24 12:01
ソ人気記事ランキング
2020/01/25 更新
 1位日本
 2位東出昌大
 3位唐田えりか
 4位少年誘拐ホルマリン漬け事件
 5位杏 (女優)
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant