サービス終了のお知らせ
セオドア・ルーズベルト
▼人気記事ランキング
3.その他
1901年ニューヨーク州オイスターベイにあるマティンコック・ロッジNo.806でフリーメイソンに加入[51]
1901年10月17日に、黒人指導者ブッカー・ワシントンホワイトハウスの大統領主催の晩餐会に招いたが、このことについて南部白人社会が激高。テネシー州メンフィスの新聞は、「ニガーとメシを食うとは前例のない言語道断の暴挙」と報道する[52]
1904年ボクシングで左目を打たれ、1908年には失明した。それを知っていたのはごく親しい友人のみである。
大統領就任式で聖書を用いずに宣誓した唯一の大統領である。
ゴア・ヴィダルの小説「帝国 Empire」の中でハリー・タートルドーブの名前で登場している。またジョン・ミリアス監督の映画「風とライオン The Wind and the Lion」にも登場している。
ニューヨーク州知事時代に、彼のモットーとして発言したことわざ「Speak softly and carry a big stick」は有名になり(参考:棍棒外交)、のちに漫画『ピーナッツ』でもパロディがされた。
身長は5フィート10インチ(約178cm)だった[53]
[4]前ページ
(2.13.死)
[6]次ページ
(4.メディア)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/02/09 14:03
ソ人気記事ランキング
2020/02/17 更新
 1位日本
 2位黒谷友香
 3位槇原敬之
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant