サービス終了のお知らせ
セオドア・ルーズベルト
▼人気記事ランキング
2.生涯
2.9.アフリカン・サファリ
1909年3月、退任後間もなくルーズベルトはニューヨークを発ち東および中央アフリカでのサファリを行った。ルーズベルト一行は英領東アフリカ(現在のケニア)、モンバサに上陸し、ベルギー領コンゴ(現在のコンゴ民主共和国)に向かい、その後ナイル川を遡上、現在のスーダン、ハルツームに向かった。アンドリュー・カーネギーの融資と自らの著書からの収入を資金とした一行は、スミソニアン博物館およびニューヨークのアメリカ自然史博物館のための標本を探した。

[4]前ページ
(2.8.余談)
[6]次ページ
(2.10.1912年の大統領選)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/02/09 14:03
ソ人気記事ランキング
2020/02/17 更新
 1位日本
 2位黒谷友香
 3位槇原敬之
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant