セント・ヘレンズ山
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
セント・ヘレンズ山、または、セントヘレンズ山 (Mount St. Helens) は、アメリカ合衆国ワシントン州スカマニア郡にある大型の活火山で、山体崩壊の様子が写真に収められた火山として広く知られている。
本火山は、シアトルから南へ約154km、オレゴン州ポートランドから北東へ約85kmの地点に位置する。カスケード山脈の一部であり、先住民族のクリッキタットからは「煙と火の山」という意味の「ロウワラ・クロウ (Louwala-Clough)」と呼ばれていた。セント・ヘレンズという山名は、18世紀後半にカスケード山脈の調査を行ったイギリス海軍航海士ジョージ・バンクーバーが、友人であった外交官の初代セント・ヘレンズ男爵アレイン・フィッツハーバート (Alleyne FitzHerbert) にちなんで名づけたものである。
目次
1.概要
2.地勢
3.地史
├3.1.形成期
├3.2.カラマ噴火期とゴート・ロックス噴火期
├3.3.1980年の噴火
└3.4.1980年以降の活動
4.2004年の噴火
5.伝承
6.人類史
7.脚注
└7.1.注釈・出典
8.参考文献
9.関連項目
10.外部リンク
出典:Wikipedia
2018/08/02 12:00
ソ人気記事ランキング
2019/04/19 更新
 1位日本
 2位福岡大学ワンダーフォーゲル部ヒグマ事件
 3位モンキー・パンチ
 4位永山則夫連続射殺事件
 5位4月18日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant