セレウコス朝
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
セレウコス朝(セレウコスちょう、古代ギリシア語: Αυτοκρατορ?α των Σελευκιδ?ν紀元前312年 - 紀元前63年)は、アレクサンドロス大王ディアドコイ(後継者)の一人、セレウコス1世ニカトルオリエント地方に築いた王国。セレウコス帝国[1]またはセレウコス朝シリアと表記されることもある。
はじめメソポタミアイラク)地方に興り、シリアアナトリアイランなどにまたがる広大な領域を支配した。長くアンティオキアを首都とした。
目次
1.歴史
├1.1.成立
├1.2.東部領土の喪失
├1.3.アンティオコス3世の遠征とローマ
├1.4.衰退
└1.5.滅亡
2.統治
├2.1.都市建設
└2.2.マケドニア・ギリシア人と現地人
3.年表
4.歴代君主
5.系図
6.脚注
7.関連項目
8.参考文献
出典:Wikipedia
2018/12/15 12:00
ソ人気記事ランキング
2019/11/23 更新
 1位日本
 2位木内みどり
 3位元千葉ロッテマリーンズ投手強盗殺人事件
 4位小川博
 5位川口春奈
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant