サービス終了のお知らせ
スペースシャトル・エンデバー
▼人気記事ランキング
概要
スペースシャトル・エンデバー英語: Space Shuttle Endeavour, OV-105)は、スペースシャトル・オービターチャレンジャー事故による機数減少を受けて「エンタープライズを改修するよりも安い」との判断の元、ストックされていたスペアパーツを用い製造された機体である。初飛行は1992年5月7日のSTS-49。2011年6月の引退までに25回の飛行を行った。

Endeavourエンデバー)の名前は、キャプテン・クック南太平洋探検の第1回航海の帆船 Endeavourエンデバー号)に由来している。なお、努力という意味はそれぞれイギリス英語: endeavourアメリカ英語: endeavorとなるが、本船は固有名詞であるクックの船名に由来するイギリス英語: Endeavourが正しい。2007年7月には、NASA自身が作成した射点の横断幕でEndeavorと書いてしまうミスがあり、米国では話題になった[1]1971年に打ち上げられたアポロ15号の司令船の名称もエンデバー(Endeavour)である。

フィクションではアーサー・C・クラークSF小説「宇宙のランデヴー」の主役宇宙船の名称もエンデバーだった。2001年宇宙の旅の主役宇宙船ディスカバリーと共にクラークの著書に登場する宇宙船と同じ名前のオービターである。

退役後はロサンゼルスのカリフォルニア科学センターに展示されている[2]

日本人宇宙飛行士とエンデバー[編集]

エンデバーは日本人宇宙飛行士の搭乗率が高く、毛利衛はSTS-47とSTS-99、若田光一はSTS-72とSTS-127、土井隆雄はSTS-123でそれぞれエンデバーに搭乗した。また、土井が搭乗したSTS-123では日本初の有人宇宙施設「きぼう」の船内保管室を、若田が搭乗したSTS-127では船外実験プラットフォームを宇宙に運んでいる。

また、作られたばかりのエンデバーをカリフォルニア州パームデールの工場からケネディ宇宙センターに輸送したのは、かつて日本航空にJA8117として所属したN911NA(この時がこの機材の初仕事でもあった)であり、この時点から既に日本と縁のあるオービターであったとも言える。

飛行記録[編集]

これまでに使用された徽章[編集]

トヨタ タンドラでの牽引[編集]

退役後ロサンゼルスのカリフォルニア科学センターに保管されることになる。2012年10月ロサンゼルス国際空港からカリフォルニア科学センター迄の12マイル(約19キロ)の移動が始まった。しかしシャトル運搬用の4台のロボティックドーリー(全輪操舵/駆動の遠隔操作式台車)とシャトルの合計重量が50万ポンド(約227トン)を超える為、この道中にある橋がこの荷重に耐えられない危険性があった。そのことからタンドラが牽引する際に使用する台車との組み合わせのほうがより軽量だからという判断になった。

2012年10月12日計画が実行され約250mをタンドラが引っ張って走行した。タンドラの本来の牽引能力は1万ポンド(約4.5トン)だが、エンデバーは、機体単体重量の約15万ポンド(68トン)に加え、トレーラーなどを含めると総重量は30万ポンド(約136トン)というサイズだった。

トヨタは、この日より前からカリフォルニア科学センターとスポンサー契約を結んでおりタンドラが使用されることとなった。

脚注[編集]

関連項目[編集]

スペースシャトル・オービター
エンタープライズ(Enterprise) - 実験機、宇宙飛行能力を持たない。
コロンビア(Columbia) - 1981年4月12日初飛行。2003年2月1日、大気圏再突入後に空中分解事故で失われた。
チャレンジャー(Challenger) - 1983年4月4日初飛行。1986年1月28日、打ち上げ直後に爆発事故で喪失。
ディスカバリー(Discovery) - 1984年8月30日初飛行。
アトランティス(Atlantis) - 1985年10月3日初飛行。
このほかに模型のパスファインダー(Pathfinder) もオービターとしてカウントされることがある。

外部リンク[編集]

公式ウェブサイト(英語)
Google Spacecraft Tracking - Shuttle and ISS(英語版)
出典:Wikipedia
2020/03/02 00:07
ソ人気記事ランキング
2020/03/28 更新
 1位成宮いろは
 2位増岡弘
 3位大学の略称
 4位玉木玲
 5位ジャーマンウイングス9525便墜落事故
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant