サービス終了のお知らせ
スプリウス・カッシウス・ウェケッリヌス
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
スプリウス・カッシウス・ウェケッリヌス(Spurius Cassius ViscellinusまたはVecellinus、紀元前485年没)は共和政ローマ初期の最も特筆すべき人物の一人である。執政官(コンスル)を三度務め(紀元前502年493年486年)、凱旋式も二度実施している。最初のマギステル・エクィトゥム(騎兵長官、実際には独裁官の副官)であり、最初の「公有地法」の設定者である。最後の執政官を務めた翌年、王政の復活を狙ったとして告発され、パトリキ(貴族)によって死刑とされた。
目次
1.背景
2.公職
3.裁判と処刑
4.参考資料
5.関連項目
出典:Wikipedia
2018/06/12 07:31
ソ人気記事ランキング
2020/02/26 更新
 1位日本
 2位住吉会
 3位羽生ありさ
 4位水野朝陽
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant