スパム (メール)
▼人気記事ランキング
7.技術的な取り組み
7.4.プロバイダによるフィルタリングの対策
インターネットサービスプロバイダ(ISP)によっては、受信サーバ(POP3)が一定のアルゴリズムに従ってスパムであるかを判定[10]し、スパム(または可能性が高いメール)と判定されれば、件名(サブジェクト)に「特定の語句」を付加するサービスを有料ないし無料で提供するサービスもある。

メールソフトによっては件名に「特定の語句」を含むメールを指定したフォルダに移動させ、またはサーバから即座に削除させるなどの処理も可能であるため、大量のスパムを受信する手間が抑制できる。

プロバイダによるフィルタリングの例

Biglobe
件名に「[spam]」を付加する(例:「[spam]これで大儲け!」)。
OCN
件名に「[meiwaku]」を付加する(例:「[meiwaku]★資料請求はこちら」)。
[4]前ページ
(7.3.フィルタリングソフトウェア)
[6]次ページ
(7.5.宛先不明のメールのリレーを受け付けないサーバ)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/07/29 09:30
ソ人気記事ランキング
2020/01/20 更新
 1位日本
 2位少年誘拐ホルマリン漬け事件
 3位新潟少女監禁事件
 4位賭博黙示録カイジ
 5位軽井沢スキーバス転落事故
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant