スバス・チャンドラ・ボース
▼人気記事ランキング
1.プロフィール
1.1.生い立ち
1897年にインド(当時はイギリス領インド帝国)のベンガル州カタック(現在のオリッサ州)に生まれた。父親は弁護士で、イギリス人により過酷な扱いを受けていたインド人の人権を教護することもしばしばであった。ボースはこの父親から大きな影響を受けたと後に語っている[1]

その後カルカッタ大学に進んだ。大学ではイギリス人教師の人種差別的な態度がインド人学生の反感を買い、学生ストライキが勃発した。ボースは首謀者と見られ、停学処分を受けた[1]

カルカッタ大学で学士号を取得し、1919年に、両親の希望でイギリスケンブリッジ大学フィッツウィリアム・カレッジ大学院留学した。大学院では近代ヨーロッパの国際関係における軍事力の役割について研究し、クレメンス・フォン・メッテルニヒの妥協無き理想主義に感銘を受けたと回想している[1]

[6]次ページ
(1.2.独立運動家)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/06/01 05:30
ソ人気記事ランキング
2019/08/21 更新
 1位日本
 2位千と千尋の神隠し
 3位玄倉川水難事故
 4位8月20日
 5位雅樹ちゃん誘拐殺人事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant