サービス終了のお知らせ
ステロイドホルモン
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
ステロイドホルモン (steroid hormones) とは脊椎動物節足動物[1]などに作用するホルモンである。脊椎動物のステロイドホルモンは結合する受容体により以下のように分類することができる。
である。
ビタミンD誘導体はホルモン様受容体に結合するホルモン系に関係するが、化学構造的にはステロイドというよりはステロールに属する。
炎症性疾患の治療のために用いられる、いわゆる「ステロイド」は、ステロイドホルモンを配合した薬品(ステロイド剤)のことであり、多くの場合は糖質コルチコイドおよびその改変型が用いられる。また、スポーツなどでその投与がドーピング問題として取り上げられることがある「ステロイド」とは、ステロイドホルモンと同様あるいはそれより強力なホルモン作用を持つ人工的に合成されたステロイドであり、アルドステロンやアンドロゲンが用いられる。外用剤は皮膚炎の治療にも使用される。ステロイド外用薬を参照のこと。
また、節足動物におけるエクジソンのようなエクジステロイド(: ecdysteroid)も含む[1]
目次
1.概略
2.生理作用
3.生合成
├3.1.アルドステロン生合成経路
├3.2.コルチゾール・コルチゾン生合成経路
├3.3.エストロン、エストラジオール生合成経路
└3.4.反応の経路図
4.合成ステロイド・合成ステロール
5.医薬品
├5.1.副腎皮質ホルモン(ステロイド)系(グルココルチコイド系)
└5.2.筋肉増強剤
6.註・出典
7.外部リンク
出典:Wikipedia
2019/04/06 13:01
ソ人気記事ランキング
2020/02/28 更新
 1位日本
 2位羽生ありさ
 3位水野朝陽
 4位住吉会
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant