サービス終了のお知らせ
ステレオタイプ
▼人気記事ランキング
2.ステレオタイプの例
2.2.人種・国籍・肌の色など
ニューヨーク・タイムズ』は、アメリカ合衆国における代表的なステレオタイプとして、「貪欲なユダヤ人」、「卑劣な中国人」、「馬鹿なアイルランド人」、「怠惰な黒人」を挙げている[3] 。アメリカ合衆国における人種・国籍によるステレオタイプの詳細については、英語版ウィキペディアのen:Stereotypes of groups within the United Statesを参照。
黒人 - 日本においては黒人差別をなくす会による差別的であるとの指摘や抗議活動により、ステレオタイプで描写された絵本『ちびくろサンボ』の絶版、カルピスの登録商標の使用差し止め、藤子プロの『オバケのQ太郎』における特定エピソード掲載巻の回収および以後の掲載中止、ダッコちゃんの販売停止に追いこまれる事態となり、その後、出版社やアニメ制作会社などでは作品に黒人自体を出すことをタブーとし自粛している。
東洋人 - 挨拶のとき必ず合掌お辞儀をする。理数系の学科が得意[4]。その一方で、物事に対していい加減な部分がある。時間や約束事に対してルーズ。物静か、集団的、クリーニング店を経営している、勤勉、目上の者には絶対服従、など。瞑想仏教修行)をするので精神が安定している。空手柔道拳法など徒手格闘術の達人である。
日本人 - 眼鏡を掛け、出っ歯で背が低く、首からカメラを提げている(戦後、日本人団体旅行者の与える印象が強かったため)。いつも笑顔イエスとノーが曖昧個人主義的な西洋人に対して集団主義的。恥の文化捕虜になって辱めを受けるよりも潔い死を選び(戦陣訓)、「ハラキリ」や「バンザイ突撃」「カミカゼ」に至る。英語の発音が下手で独特の文法の英文を作る。手先が器用で物作りが得意。欧米の一部では、外国人嫌い[5][6]、歯並びが悪い[7][8]、などのイメージがある。
日本人女性 - 貞淑で夫を立てる、献身的(隷属的と捉えられる場合もある)などのステレオタイプが日本以外の国には存在している。一方で性的に奔放で白人男性に弱い「ゲイシャガール[9]のイメージも一部にある。
日本人男性 - 仕事中毒で金儲けに熱心(エコノミック・アニマル)、勤勉すぎて過労死(Karoshi)する。ペニスが小さい[10]、好色[11]男尊女卑オタクなどのステレオタイプが欧米の一部に見受けられる。
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/03/11 21:32
ソ人気記事ランキング
2020/03/30 更新
 1位まわり将棋
 2位今村昌平
 3位3月29日
 4位成宮いろは
 5位ジャーマンウイングス9525便墜落事故
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant