スカルノ・ハッタ国際空港
▼人気記事ランキング
1.概要
1980年代、ジャカルタにはハリム・ペルダナクスマ国際空港と国内線専用空港であったクマヨラン空港が存在した。しかし、経済成長が進むにつれて増加する航空需要に対応できず、新たな大型空港の建設が望まれ、1985年3月1日、ジャカルタ中心部から西方約20kmの郊外にスカルノ・ハッタ国際空港が開港した。なお、クマヨラン空港は同年3月末をもって閉港し、現在は住宅地やゴルフ場になっている。ターミナル2は1991年に、ターミナル3は2009年に、ターミナル3アルティメットは、2016年に供用を開始した。

名称は、同国の「独立宣言書」に署名した初代大統領スカルノと同副大統領モハマッド・ハッタの名からとられた。命名者は第2代大統領スハルトである。IATAコードのCGKは近くの西ジャカルタ市チェンカレン(インドネシア語: Cengkareng)地区から採られており、インドネシア人はチェンカレン空港とも呼ぶ。もっとも、空港が位置するのは、チェンカレン地区に隣接するバンテン州タンゲラン市である。その他、アルファベット表記を省略してSoettaと呼ばれることもある[1]

2013年には利用者数が6,000万人を突破し、世界で10番目に旅客数の多い空港となった[2]。これは南半球で最も大きい数値でもある。また、IATAの調査によると、シンガポール便は、2013年には340万人が利用し、世界で3番目に利用者数の多い国際線路線となった[3][4]

空港の運営は、インドネシア運輸省が運営する空港運営企業のPT Angkasa Pura IIが行っている。ガルーダ・インドネシア航空のほか、ライオン・エアシティリンクなど、インドネシアの各航空会社の拠点空港となっている。

[6]次ページ
(1.1.拡張計画)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/05/16 19:00
ソ人気記事ランキング
2019/07/17 更新
 1位日本
 2位しみけん (AV男優)
 3位伊藤春香 (編集者)
 4位7月16日
 5位ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant