スヴャトポルク2世
▼人気記事ランキング
概要
スヴャトポルク2世ウクライナ語Святополк ?зяславич, ロシア語Святополк Изяславич, 1050年11月8日 - 1113年4月16日)は、リューリク朝ルーシ公爵。洗礼名はミハイール。イジャスラウ1世の子、ヤロスラウ賢公の孫。ポラツク公(1069年 - 1071年)、ノヴゴロド公(1078年 - 1088年)、トゥーロフ公(1088年 - 1093年)、キエフ大公1093年 - 1113年)。母はミェシュコ2世の娘ゲルトルダか妾。

キプチャクとの戦いに明け暮れた。塩の商売を独占し、金貸しを保護したため、キエフの市民の間で嫌われた。キエフの象徴となった聖ミハイール黄金ドーム大聖堂を建立した。病死して聖ミハイール大聖堂で葬られた。

子女[編集]

ヤロスラフ - ヴォルィーニ公
スブィスラヴァ(1108年没) - ポーランド大公ボレスワフ3世と結婚
プレドスラヴァ - ハンガリー公アールモシュ(ベーラ2世の父)と結婚
ブリャチスラフ(パーヴェル)[1] - トゥーロフ公
イジャスラフ - トゥーロフ公
ムスチスラフ - ベレスチエ公ヴォルィーニ公

出典[編集]

出典:Wikipedia
2018/11/24 11:01
ソ人気記事ランキング
2019/09/15 更新
 1位日本
 2位熊谷連続殺人事件
 3位池田大作
 4位9月14日
 5位早坂隆信
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant