サービス終了のお知らせ
スマートフォン
▼人気記事ランキング
2.定義や分類
#概要の記述通り、統一された明確な基準が無い状態で分類されている。例えばグループのauKDDIでスマートフォンに関する定義の見解が異なる。

内閣サイバーセキュリティセンター - iOSとAndroidその他スマートフォンOSがインストールされた端末をスマートフォンとする(スマートフォンOSがインストールされた物)[6]
NTTドコモ - 「Google Pixel」を除くAndroidがインストールされた端末を「ドコモスマートフォン」としている。それ以外は「ドコモケータイ」や「iPhone」「Google Pixel」と分類されている。
au - Androidがインストールされた端末を「スマートフォン」としている。それ以外は「ケータイ」や「iPhone」と分類されている。
ソフトバンク - 「Google Pixel」を除くAndroidがインストールされた端末を「スマートフォン」としている。それ以外は「ケータイ」や「iPhone」「Google Pixel」と分類されている。
厚生労働省 - 「厚生労働省ホームページがスマートフォン対応になりました。」の案内で「iOS4/5、iPhone3GS 以降」「Android2.1以降」を「対応、推奨している」としている[7]
総務省 - 従来の携帯電話に比べてパソコンに近い性質を持った情報機器。パソコン向けのWebサイト動画の閲覧、アプリケーションの追加、タッチパネルによる直感的操作ができる物と紹介している[8]
KDDI - 「明確な定義はないが、電話やメール以外のさまざまな機能が利用できる携帯電話端末のこと」と説明している。傘下のauがスマートフォンと分類していないiPhoneをスマートフォンと分類している[2]
NTTコミュニケーションズ - 「パソコンの機能を併せ持ち、インターネットとの親和性が高い多機能携帯電話」で、スマートは「賢い」という意味だと説明している。グループ内のNTTドコモがスマートフォンとしていないiOSを搭載した端末やGoogle Pixelをスマートフォンと定義している[9]
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/03/11 09:30
ソ人気記事ランキング
2020/03/28 更新
 1位成宮いろは
 2位増岡弘
 3位大学の略称
 4位玉木玲
 5位ジャーマンウイングス9525便墜落事故
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant