スタートレック (マイコンゲーム)
▼人気記事ランキング
3.ゲーム内容
3.1.ルールの違い
当ゲームは、様々なプログラマーがそれぞれ独自の解釈によるゲームを作っていったため、日米問わず作られた数だけルールに細かい違いがある。本来なら最初に作られたSigma7版や、最も多くの人に遊ばれたバリエーションとして認知されているもの、何らかの定義で公式として認められているものを基準に解説する事が望ましいが、当時のマイコン事情が、良くも悪くも自由だったため、当ゲームはそれも困難である。

異なるルールを全て解説する事は不可能なので、ここでは以下の基準に添ってルールを解説している。また多数のゲームプログラムの違いを意味する言葉は、当記事では便宜上「バリエーション」という単語で統一する。

当ゲームが日本でよく遊ばれていた頃、最もよく見られたバリエーションを基準に解説。
よく見られたバリエーションにも複数ある場合、先にルールが簡単なバリエーションを、次にルールがやや複雑なバリエーションを解説。
ごく一部のバリエーションでしか見られなかったルールについては省略。
こうしたルールの違いに関する読解および加筆修正については、テレビゲームではなくカードゲームだが、「大富豪」「麻雀のルール」なども参照のこと。

[4]前ページ
(3.ゲーム内容)
[6]次ページ
(3.2.ゲーム開始時)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/01/18 18:31
ソ人気記事ランキング
2019/05/27 更新
 1位日本
 2位小嶺麗奈
 3位キングコング: 髑髏島の巨神
 4位インデペンデンス・デイ
 5位研音グループ
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant