サービス終了のお知らせ
スタートレック:エンタープライズ
▼人気記事ランキング
概要
スタートレック:エンタープライズ』(: Star Trek: Enterprise、略称 ENT)は、アメリカSFテレビドラマシリーズ。『スタートレック』シリーズの5番目のテレビドラマ作品。全98話。

舞台設定[編集]

2001年9月から、UPN系列で全米での放送を開始した。『宇宙大作戦』で描かれたカーク船長の5年間の探査ミッションの約100年前、惑星連邦成立前の22世紀を舞台に、ジョナサン・アーチャー船長指揮する地球初の深宇宙探査船「エンタープライズ NX-01」とそのクルーの活躍を描く。スタートレック世界の時間軸で、映画『ファーストコンタクト』から『宇宙大作戦』までの期間を直接描いた初めての作品となる。

製作[編集]

本作以前の『スタートレック』は、シリーズを通しての設定や別の作品のストーリーを前提とした話も多かったが、本作はシリーズ第一作である『宇宙大作戦』以前の時代を舞台とし、そうした設定をいったん白紙の状態に戻した事で、予備知識を持たない人も楽しむことができるようになっている。また、他作品のエピソードの前日譚も随所に織り込まれている。

本国アメリカではシリーズで初めてタイトルに「Star Trek」の名を冠しないで放送された。アメリカでの番組タイトルは、第1・第2シーズンの放送時は Enterprise で、第3シーズンから日本版と同じく、Star Trek: Enterprise に変更。

本作のテーマ曲「Where My Heart Will Take Me」はスタートレックシリーズでは初となる歌詞付きで、歌手はイギリス出身のラッセル・ワトソン(原曲はロッド・スチュワートの「Faith of the Heart」)。なお、第3シーズンからの番組名変更にともない、主題歌も新アレンジで再録音された。

しかし、放送開始当初から視聴率的には低迷し、過去のシリーズに登場したキャラクターや俳優を出演させるなど様々なテコ入れが試されたが、視聴率は地を這う一方で、2005年2月3日(現地時間2日)に第4シーズン・フィナーレを最後に打ち切りされることが正式に発表された。そして、同年5月中旬、「最後のフロンティア[1]」が最終エピソードとして放送され、全4シーズン・98話を以って終了した。最終話には『新スタートレック』のウィリアム・T・ライカー副長役のジョナサン・フレイクスとカウンセラー・ディアナ・トロイ役のマリーナ・サーティスが特別ゲスト出演した(内容としても新スタートレック第164話『難破船ペガサスの秘密』と関連づいている)。

スタートレック』シリーズはその時点で、1966年の『宇宙大作戦』開始から40年近くが経過していた。1987年に始まった『新スタートレック』からは15年以上にわたり途切れなくテレビ放送が続いており、そのうち7年は2つのシリーズが並行して放送されていた。『新スタートレック』開始以降だけでも4本のテレビシリーズ(合計500話以上)と6本の映画が製作される中、『スタートレック・ヴォイジャー』の第4シーズン終了時〜第6シーズン初期にかけてプロデューサーかつメインライターであったマイケル・ピラーロナルド・D・ムーア、ジェリ・テイラーらがスタートレックシリーズから離脱し、それ以降リック・バーマンとブラノン・ブラーガが主要かつ製作陣のトップにあり続けた結果、シナリオの質の大幅な低下や、レギュラーメンバーの描写の偏りが目立つようになり、最終的に『スタートレック・エンタープライズ』において上記の視聴率低下により打ち切りを招く結果になった。

『新スタートレック』以降のテレビシリーズや劇場作品で製作陣の中枢にあり、本作の最終話を含む数多くの脚本も執筆していたリック・バーマンとブラノン・ブラーガはこれを最後にシリーズから完全に退くことになった。

元々この2人は第4シーズン開始時に製作陣からは外されており、マニー・コトが後を引き継いでからは、過去シリーズとのつながりも矛盾のないものとなり、また補完が行われるなどストーリーの質も大幅に上がったが、最終話の脚本を再びリック・バーマンとブラノン・ブラーガが担当しており、第4シーズンで積み重ねてきたタッカーとトゥポルの関係を特に理由もなくリセットさせていたり、俳優自身も疑問を呈するほどの必然性の無い死に方をタッカーにさせたため、多数の視聴者から抗議や疑問の声があがり、打ち切り後に出版されたいくつかの小説で、タッカーのその後をが描かれた理由の一つにもなった。

タッカーの扱いについて、多くのファンから糾弾されたブラノン・ブラーガは、タッカーを死なせたことについて後悔はない等と発言した。その後スタートレックシリーズの「パロディ」ドラマであるオーヴィルに参加している。

なお、日本語吹き替え版は当初「船長」ではなく、「艦長」と当てられていたが、『宇宙大作戦』との整合性をとるために、第1話『夢の旅立ち』のアフレコ終了後に変更され、第1話自体も録り直されている。

サブタイトル[編集]

シーズン1[編集]

シーズン2[編集]

シーズン3[編集]

シーズン4[編集]

登場人物[編集]

レギュラー[編集]

ジョナサン・アーチャースコット・バクラ)(日本語版での声:谷口節) - 船長。階級は大佐。地球人男性。愛犬はビーグル犬の「ポートス」。
トゥポル(ジョリーン・ブレイロック)(本田貴子) - 副司令官。バルカン人女性。
チャールズ・タッカー三世(コナー・トリニアー)(内田直哉) - 機関部長。階級は中佐、吹替では少佐。地球人男性。愛称は「トリップ」。
マルコム・リードドミニク・キーティング)(井上倫宏) - 保安部長兼兵器士官。階級は大尉。地球人男性。
トラヴィス・メイウェザー(アンソニー・モンゴメリー)(浜田賢二) - 操舵士。階級は少尉。地球人男性。
ホシ・サトウ(リンダ・パク)(岡寛恵弓場沙織) - 通信士。地球人女性。階級は少尉。
フロックスジョン・ビリングズリー)(茶風林) - 医療部長。デノビュラ人男性。

その他の登場人物[編集]

マクスウェル・フォレスト(ヴォーン・アームストロング)(金尾哲夫白熊寛嗣) - 地球連合宇宙艦隊の提督。地球人男性。
ソヴァル(ゲイリー・グラハム)(山路和弘青山穣) - 在地球バルカン大使。バルカン人男性。
未来人(ジェームズ・ホーラン)(森田順平) - 遺伝子操作されたスリバン人で構成される工作組織「カバル」を操る時間冷戦の当事者。種族や性別は不明で、常にシルエットのみで登場。
シリック(ジョン・フレック)(楠見尚己近藤広務) - 未来人に仕えるカバルの指揮官。スリバン人男性。
ダニエルス(マット・ウィンストン)(津田英三) - 31世紀の時間エージェント。地球人男性。厨房スタッフとしてエンタープライズに紛れ込んでいた。
シレック・シュランジェフリー・コムズ)(中村秀利) - アンドリア帝国防衛軍の司令官、戦艦クマリの艦長。アンドリア人男性。
J・ヘイズスティーブン・カルプ)(斉藤次郎) - 軍事攻撃指令作戦部隊MACOの少佐。地球人男性。第3シーズンでエンタープライズに随行した陸戦隊を指揮。
ケルビー(デレク・マジャル)(階俊嗣) - タッカー少佐の部下の機関部員。階級は大尉。地球人男性。タッカーが姉妹船コロンビアに転出した後に機関部長を引き継ぎ少佐に昇進したが、タッカーがエンタープライズに復帰すると元の大尉に戻った。
カトラー(ケリー・ウェイミア)(落合るみ) - 医療部員。地球人女性。一時期、ドクター・フロックスと親しい関係になった。
ドラム(スコット・マクドナルド)(白熊寛嗣) - ズィンディの軍司令官。爬虫類族ズィンディ人男性。
デグラ(ランディ・オグレスビー)(木村雅史) - ズィンディの兵器開発責任者。ヒト族ズィンディ人男性。
ジョン・フレデリック・パクストン(ピーター・ウェラー)(仲野裕) - 月のオルフェウス鉱山のオーナー、異星人排斥を掲げる組織「テラ・プライム」の指導者。地球人男性。
エリカ・ヘルナンデス(エイダ・マリス)(泉裕子) - 地球連合宇宙艦隊大佐、NX-02コロンビア船長。アーチャーの元部下で元恋人。

その他[編集]

ラッセル・ワトソンが歌うオープニング曲「ホェア・マイ・ハート・ウィル・テイク・ミー」 (Where my heart will take me) は、映画『パッチ・アダムス』のエンディングで流れるロッド・スチュワートが歌う「フェイス・オブ・ザ・ハート」 (Faith of the Heart) に若干のアレンジを施したものである。ヴォーカルの入った曲が、スタートレックのシリーズのテーマ曲に使われたのは、初めてである。

脚注[編集]

外部リンク[編集]

Enterprise - インターネット・ムービー・データベース(英語)
EnterpriseMemory Alpha
各話あらすじ - スーパー!ドラマTV
スタートレックDVD日本語公式サイト
出典:Wikipedia
2020/02/19 23:30
ソ人気記事ランキング
2020/02/21 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位メイプルソープ事件
 4位2月20日
 5位岡崎美女
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant