スター・ウォーズシリーズ
さそり座|霊感|前世占い
お得!送料無料企画
送料無料アイテムが7800万点以上
http://m.rakuten.co.jp/
▼人気記事ランキング
2.シリーズ構成
2.1.実写映画本編
本シリーズの実写映画本編は、複数のエピソードにより綴られるサーガの形式を採っている。エピソード番号は、原題ではローマ数字を採用しているが、邦題ではアラビア数字を採用している。
映画が時系列では4番目にあたる『エピソード4/新たなる希望』から制作されたのは、まず1作目が商業的に成果を収めねばシリーズ化が望めず、更に一番「冒険活劇」としての完成度の高かった『エピソード4』を最初に世に出すことが得策だったためである。また『エピソード1・2・3』の時代は、全銀河の首都である大都市惑星コルサントの描写や、銀河共和国独立星系連合の間で勃発した大規模戦争であるクローン大戦の描写が必須にも関わらず、当時の映像技術と予算では映画化が不可能であったためである[2]
映画の製作順では第1作に当たる『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』が公開され、高い評価を受け商業的にも成功した後に、シリーズ全体の製作総指揮を務めたジョージ・ルーカスが実写映画本編は「全九部作」であると発表した。だがその後、2つの三部作からなる「全六部作」であるとルーカス自ら発言を訂正し、2005年に当時最終作だった『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』をもってシリーズは一度完結した。
しかし2012年10月ウォルト・ディズニー・カンパニーがルーカスフィルムを買収し、新たな三部作の製作を発表した[3]。現時点では3世代の3人の主人公により紡がれる、3つの三部作からなる「全九部作」を予定している。これ以降、配給会社も『エピソード1〜6』までの20世紀フォックスからウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズに変更となった。『エピソード7』以降も作品自体は引き続きルーカスフィルムが制作するが、ジョージ・ルーカスは『エピソード1〜6』までの様に製作総指揮は行わず、制作現場から退き「クリエイティブ顧問」という特別な役職となった[4]
全作の共通点として、必ず登場人物の誰かが「何だか嫌な予感がする」(I have a bad feeling about this.)、「フォースと共に在れ」(May the force be with you.)と発言する[5]

特別篇(オリジナル・トリロジー)[編集]


よりルーカスの当初の製作意図に沿った形にすることを目的に、フィルムの物理的な洗浄と『エピソード4/新たなる希望』では色落ちの無いテクニカラープリントに基づいた製作時の色彩の復旧、素材フィルムまで戻った光学合成シーンのデジタル合成によるやり直し、再撮影やCGによるシーンの追加が行われた。音響効果もバラつきが統合され、サウンドトラック全体もヒスノイズ低減処理を経て再編集が行われた。現在はソフト化・テレビオンエア共にこの特別篇にさらに修正を加えたバージョンが標準になっており、公開当時のオリジナル版の視聴が困難になっている。

デジタル3D版[編集]


2010年に本シリーズの『エピソード1〜6』のデジタル3D化が発表された[9]。そのためのデジタル3D変換技術の開発がイン・スリー社において行われたが、これは人物や背景などのシーン中の全対象物の3次元形状を3DCGモデルで再現し、そこに元映像をマッピングして3Dレンダリングするという非常に手間のかかるもので[10]コストの問題が解決出来ずキャンセルされ、ルーカスとILMの監修の下プライム・フォーカス社においてデジタル3D変換が行われることになった[11]
2012年には『エピソード1/ファントム・メナス』のデジタル3D版が公開され、以後『エピソード2〜6』のデジタル3D版がエピソード順に公開される予定だったが、同年10月にウォルト・ディズニー・カンパニーが本シリーズの制作会社ルーカスフィルムを買収し、『エピソード7』に当たる『フォースの覚醒』を始めとする続3部作である『エピソード7・8・9』の映画製作の決定に伴いその製作に尽力することとなり、全世界の映画館での公開は事実上の中止状態となっている。この影響で日本でも公開終了後に『エピソード1/ファントム・メナス』のデジタル3D版のBlu-ray Discの発売が予定されていたが発売中止となった。
全世界の映画館での興行公開は現在も行われていないものの、『エピソード2/クローンの攻撃』のデジタル3D版は2013年7月26日から7月28日ドイツのメッセ・エッセンで開催された「スター・ウォーズ セレブレーション ヨーロッパU」にてイベント上映され[12][13]、『エピソード3/シスの復讐』のデジタル3D版は2015年4月16日から4月19日にアメリカのカリフォルニア州アナハイムで開催された「スター・ウォーズ セレブレーションアナハイム」にてイベント上映されている[9][14]

シークエル・トリロジー完結後の予定[編集]


2017年現地時間11月9日にウォルト・ディズニー・カンパニーにより、シークエル・トリロジー完結後に新たな三部作の実写映画の制作が予定されていることが発表された。『最後のジェダイ』の監督ライアン・ジョンソンが主導し、ルーカスフィルムに「三本の映画、一つの物語、新たな登場人物、新たな場所。フレッシュに始めよう」と提案[15]。「エピソード1〜9」のスカイウォーカーの血統の物語からは離れた、新たな別の人物を主人公とする三部作を予定している[16]。ライアンは1作目は監督する予定だが、全作を監督するかは不明とのこと[17]
保育士|婚活|無料相性占い
無料ゲーム|浮気|脱毛
ギフト選びなら楽天市場へ
結婚祝い・出産祝い・内祝い…贈るシーン別に探せる♪
http://m.rakuten.co.jp/
[4]前ページ
(1.概要)
[6]次ページ
(2.2.スピンオフ)

2. 『エピソード1』『エピソード2』『エピソード4』オーディオ・コメンタリー
3. “ディズニーの『スター・ウォーズ』製作、ファンは賛否両論”. ロイター. (2012年10月31日). http://jp.reuters.com/article/entertainmentNews/idJPTYE89U03K20121031 2012年10月31日閲覧。 
4. "New Video Series: A Discussion About the Future of Star Wars", StarWars.com, October 30, 2012. Retrieved May 25, 2013.
5. SCREEN 2016年2月号 「スター・ウォーズ」シリーズ トリビア&豆知識集
9. “『エピソード2/クローンの攻撃 3D』、『エピソード3/シスの復讐 3D』が「セレブレーションアナハイム」にて上映”. T-SITE NEWS (2015年8月10日). 2016年4月24日閲覧。
10. 大口孝之『コンピュータ・グラフィックスの歴史 3DCGというイマジネーション』フィルムアート社
11. 『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』3D版劇場パンフレットのジョン・ノールのインタビューより。
12. “スター・ウォーズ セレブレーション ヨーロッパU開催!注目のイベントとゲスト一覧”. STAR WARS WEBLOG (2013年7月26日). 2016年4月24日閲覧。
13. “次回「スター・ウォーズ セレブレーション」は2015年4月にカリフォルニア・アナハイムで開催!”. STAR WARS WEBLOG (2013年7月28日). 2016年4月24日閲覧。
14. “『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃 3D』、『エピソード3/シスの復讐 3D』が「セレブレーションアナハイム」にて上映!”. STAR WARS WEBLOG (2015年1月4日). 2016年4月24日閲覧。
15. http://collider.com/rian-johnson-new-star-wars-trilogy-plans/
16. “『スター・ウォーズ』新たな3部作を製作!「最後のジェダイ」R・ジョンソンが監督”. 映画.com. (2017年11月10日). http://eiga.com/news/20171110/12/ 
17. http://collider.com/rian-johnson-new-star-wars-trilogy-plans/

~目次に戻る
出典:Wikipedia
2017/12/11 17:32
相性占い|星座占い|手相
運命の赤い糸|資格|現金
ソ人気記事ランキング
2017/12/12 更新
 1位パンパン
 2位野村沙知代
 3位富岡八幡宮
 4位団野村
 5位野村克也
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant