サービス終了のお知らせ
スター・チャンネル
▼人気記事ランキング
4.その他の特記事項
一部の作品では、冒頭に映倫規定に基づいたレイティング(対象年齢指定)の表示が行われる。ただし、スター・チャンネル側の方針により、指定を受けていない作品でも「PG-12指定相当」(『殺しのドレス』など)または「R-15指定相当」(『山猫は眠らない〜決別の照準〜』など)と表示されることがある。
番組間には、随時無料放送のミニ番組が放映されているほか、深夜から早朝にかけての試験電波発射中もスクランブル信号はかけられていない。また、不定期に一日無料放送を行うこともある。ただし、ケーブルテレビ経由の場合では受信機のシステム上の理由などにより、無料放送でも視聴できない場合がある。
各チャンネルの1か月分の番組表『スターチャンネル 総合プログラムガイド』[10]を発行している。購読は有料で、1年単位の契約となる。
日本で映画館興行されなかった洋画作品を『シアターX』として、土曜日23時頃に放映している。
新聞での番組表の扱いについて
地方紙では、地元のケーブルテレビ向けの番組表スペースを利用して3チャンネル分がまとめて掲載されている場合もあれば、一切掲載されていない場合もある。
スポーツ紙においても、サンケイスポーツ(大阪版)やデイリースポーツなどでは掲載されていない。
[4]前ページ
(3.2.BS/東経110度CSデジタル放送の経緯)
[6]次ページ
(5.STAR CHANNEL MOVIES)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/02/15 01:00
ソ人気記事ランキング
2020/02/19 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位黒谷友香
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant