サービス終了のお知らせ
スター・チャンネル
▼人気記事ランキング
1.会社概要
1986年3月20日東北新社が中心となり設立された[4]。その後、同業他社のチャンネル統合により伊藤忠商事(ジャパン・メディア・ブロードキャスティング)やソニーニューズ・コーポレーション(スカイムービーズ)などが経営参加している。

2018年1月23日現在、衛星基幹放送事業者として自らスカパー!(BSデジタル放送)で放送を行っている他、スカパー!プレミアムサービス(ハイビジョン放送。衛星一般放送事業者は、スカパー・ブロードキャスティング)や、全国のケーブルテレビ局に供給を行っている。かつては衛星一般放送事業者として自らスカパー!プレミアムサービス(標準画質)でも放送を行っていたが、2013年1月31日をもって放送を終了している。

日本初となるケーブルテレビ向けの番組供給事業を行った「スター・チャンネル」等をはじめ、3つのチャンネルを運営している。

2008年8月1日、245億円の累積損失の一掃のため新旧分離を実施。旧社の主要株主であった東北新社、伊藤忠商事、ソニー(従来ソニー・放送メディアソニー・ピクチャーズエンタテインメントを通じて出資)、ニューズ コーポレーション ジャパンの4社により事業・免許を引き継ぐ新会社を新設分割により設立した。

2019年時点で、会社情報の株主欄には東北新社、伊藤忠商事の2社が掲載されており、総務省のWebサイトには東北新社の議決権比率が85.0%と掲載されていることから[2]21世紀フォックス(旧ニューズ・コーポレーション)、ソニーの2社から東北新社に株式が譲渡されたとみられる。

~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/02/23 11:00
ソ人気記事ランキング
2020/02/28 更新
 1位日本
 2位羽生ありさ
 3位水野朝陽
 4位住吉会
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant