サービス終了のお知らせ
スーパーバイク世界選手権
▼人気記事ランキング
1.概要
スティーブ・マクラフリンが発案し、1988年から始まった。レース専用に特化した車両ではなく、より選手の能力、技能で争われるように市販車をベースとした改造車両で行われる。

1大会につき2レース開催。予選結果は2つのレース両方のスターティンググリッドに適用される。決勝前々日の午後と前日の午前に計時予選を行い、下位のグリッドはこの2つの予選で決定されるが、予選上位(2012年現在16台)のライダーは決勝前日午後のスーパーポールと呼ばれるセッションに進出、最終的なグリッドはこのセッションでのタイムにより決定される。かつては鈴鹿8時間耐久レースの予選スペシャルステージ同様、1台ずつのタイムアタックであったが、2009年からノックアウト方式の3セッション(ウエット宣言された場合は2セッション)に変更された。SP1、SP2でそれぞれ下位4台が脱落、SP3は8台で競われる。このスーパーポールにはライダー毎に2本の予選タイヤが供給される。この予選タイヤはレースタイヤに比べ温まりが早くグリップも強力で、劇的なタイムの短縮が期待できるが、ライフは極めて短い。この2本の予選タイヤを3つのセッションにどう割り当てるかといった戦略も現行のスーパーポールの見所の一つになっている。

出場できる車両は、市販車で150台以上販売された4ストロークの二輪車。当初は排気量が4気筒は750ccまで、2気筒が1,000ccまで、改造範囲も厳しく制限されていた。これは、より公平なレースを行うためであったが、このレギュレーションでの末期には表彰台は2気筒勢が独占するようになってしまい、必ずしも公平だったかどうかは疑問が残る。レギュレーションは市販車の動向の影響を大きく受けており、日本製1000ccスーパースポーツ車の人気の高まりにより2004年に排気量は、2気筒4気筒車とも1,000ccまでに変更されたが、有力な市販車の存在しない3気筒車は900ccのままであった。さらにドゥカティが1,000ccの999から1,200ccの1098にモデルチェンジする事になり、これを参戦させるため2008年から、2気筒車の排気量制限が1,200ccまでに変更された(排気量が大きい分改造範囲は4気筒1,000ccよりも狭くなった)。エンジン出力は200馬力を上回り、その最高速度はサーキットによっては340km/h近くに達する。

かつてはミシュラン、ダンロップ等複数のタイヤメーカーが参戦していたが、2004年からワンメイク化されピレリの独占供給となった。

世界の主なオートバイメーカーがスーパースポーツカテゴリーの旗艦モデルを投入し、レースに参戦しながら技術を競い市販車にフィードバック、市場の拡大に繋げるために切磋琢磨しており、2019年現在、ホンダCBR1000RR)、カワサキZX-10R)、ドゥカティ(パニガーレV4R)、BMWS1000RR)、MVアグスタ(F4)、ヤマハ[3]YZF-R1)の各マシンが参戦している。

ライダーも世界各国のトップライダーが集い、上位ライダーはMotoGPへ参戦することもある。しかし、チャンピオンを獲得してもマシン特性の違いからMotoGPでは上位争いに加われないケースも多く、ライディングスタイルを変更するライダーも多い。一方、MotoGPに比べベテランライダーも十分に活躍できるため、近年はMotoGPでシートを失ったベテランライダーの次の活躍の場となっている。

スーパースポーツ世界選手権とスーパーストック1000FIMカップ(ヨーロッパラウンドのみ)、スーパーストック600ヨーロッパ選手権(ヨーロッパラウンドのみ)が併催されている。2003年まではサイドカー世界選手権も併催されていた。

2010年全日本ロードレース選手権を撤退したヨシムラがスポットながら参戦を決定しており、2011年にはフル参戦も検討していたが、前年と同様のスポット参戦となった。2012年は前年までBSBに参戦していたクレセント・スズキがスーパーバイク世界選手権へと参戦するのに伴い、同チームの車両のエンジン及びエキゾーストシステム担当として参戦した[4]。なお2016年シーズンのスズキは参戦を休止している。

日本では1988年より2003年までスポーツランドSUGOで日本大会が開催されていた。日本人ライダーも優勝や表彰台はあるものの、2016年現在チャンピオンには手が届いていない。

2018年 FIMはカワサキのZX-10RRの上限回転数が、14100回転と定めた。これはライバルメーカーのマシンに対して、最大600回転のハンデを負うものだった。[5]

2019年 FIMは上限回転数が カワサキZX-10RRが14600回転、ドゥカティ パニガーレV4Rが16350回転、BMW S1000RRが14900回転、HONDA CBR1000RRは14550回転、YAMAHA YZF R1 14700回転と決めた。ZX-10RRとパニガーレV4Rとの間には、1750回転の差がある もっとも回転数が抑えられているHONDAとは1800回転の差となる。[6][7]3戦が終わった後にFIMはドゥカティに250回転下げ、HONDAに500回転上げるように上限回転数の制限を変更したそれでもドゥカティとカワサキの差は1500回転あり、HONDAとは1050回転の差がある。[8][9]

[6]次ページ
(3.主な日本人ライダー)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/11/25 11:30
ソ人気記事ランキング
2020/02/19 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位黒谷友香
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant