サービス終了のお知らせ
ジグマー・ポルケ
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
ジグマー・ポルケドイツ語: Sigmar Polke, 1941年2月13日 - 2010年6月10日)はドイツ画家写真家
旧ドイツ東部領土から東ドイツを経て1953年西ドイツに移住した後、デュッセルドルフを拠点に活動した。1960年代ゲルハルト・リヒターやコンラート・フィッシャーと「資本主義リアリズム」を標榜した絵画運動を始めて頭角を現し、リヒター、ゲオルグ・バゼリッツ、アンゼルム・キーファーらと並ぶドイツの現代絵画の旗手として知られるようになった。
写真大衆文化を取り入れた絵画、プリント布地の上に描いた絵画や網点ドットを用いた絵画などにより、民話や神話から歴史に至るまで様々なテーマを取り入れた作品を作り上げた[1]
目次
1.生涯
2.主な展覧会・受賞
3.脚注
4.参考文献
5.外部リンク
出典:Wikipedia
2019/08/21 20:01
ソ人気記事ランキング
2020/02/23 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位メイプルソープ事件
 4位第二次世界大戦
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant