サービス終了のお知らせ
ジェイアールバス関東
▼人気記事ランキング
12.車両
12.5.その他
2003年以降、全車両にディタイムランプが装備された。
運転注意力低下警報装置として、ドライバーモニター、運転注意力モニター、モービルアイが搭載されている。
車両火災自動消火装置が高速バス全車両に搭載されている。
JRバス関東では、一部高速車については他社へのリースを行っている。
つくば号へのネオプラン・メガライナー導入時、輸入された4台はすべてJRバス関東が購入したもので、うち2台を関東鉄道にリースするという方法を採用した。つくば号でのメガライナー運用が終わると2台はリースバックされたが、青春メガドリーム大阪号の運行に際して、2台が西日本JRバスに売却(実際にはエアロキングと交換)されている。なお、現在は火災のため廃車されている。
ダブルデッカーは1台がJR四国バスへ貸し出されたことがあるほか、2006年度に1台がリースされていた。カラーリングはJRバス関東のままで、ロゴの一部を消去したのみに留まっており、車両称号もそのままの表記であったが2007年4月にリースバックされた。
2007年現在、西日本JRバスに3列シートのエアロキング2台がリースされており、逆に同社からプレミアムドリーム号仕様のエアロキング2台を借り入れている[99]。西日本JRバスのリース車も塗装は細部を除きそのままである。
先述のニューブリーズ号代替運行期間中は、所定運行会社である中国JRバス広島支店からガーラ2台を借り受けて対応した。一時的な移籍であったため、同社の社名表記をシールで隠した状態で運行された。
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/03/21 12:00
ソ人気記事ランキング
2020/03/30 更新
 1位まわり将棋
 2位今村昌平
 3位3月29日
 4位成宮いろは
 5位ジャーマンウイングス9525便墜落事故
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant