サービス終了のお知らせ
ジェイムズ・ジョイス
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
ジェイムズ・オーガスティン・アロイジアス・ジョイス(James Augustine Aloysius Joyce、1882年2月2日 ? 1941年1月13日)は、20世紀の最も重要な作家の1人と評価されるアイルランド出身の小説家詩人。画期的な小説『ユリシーズ』(1922年)が最もよく知られており、他の主要作品には短編集『ダブリン市民』(1914年)、『若き芸術家の肖像』(1916年)、『フィネガンズ・ウェイク』(1939年)などがある。
ジョイスは青年期以降の生涯の大半を国外で費やしているが、ジョイスのすべての小説の舞台やその主題の多くがアイルランドでの経験を基礎においている。彼の作品世界はダブリンに根差しており、家庭生活や学生時代のできごとや友人(および敵)が反映されている。そのため、英語圏のあらゆる偉大なモダニストのうちでも、ジョイスは最もコスモポリタン的であると同時に最もローカルな作家という特異な位置を占めることとなった。
目次
1.生涯
├1.1.ダブリン時代(1882年 - 1904年)
├1.2.トリエステ時代(1904年 - 1915年)
├1.3.チューリッヒ時代(1915年 - 1920年)
├1.4.パリ時代(1920年 - 1940年)
└1.5.ふたたびチューリッヒ時代(1940年 - 1941年)
2.著作
├2.1.一覧
└2.2.概観
3.関連事項
├3.1.ジョイス記念館
├3.2.ブルームズデイ
└3.3.ジェイムズ・ジョイス
4.日本語研究
5.外部リンク
出典:Wikipedia
2019/10/23 01:00
ソ人気記事ランキング
2020/02/19 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位黒谷友香
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant